【就活がうまくいかない】今だから笑える本当にあった就活の失敗談!TOP3

こんにちは、就活で色々な失敗をしてきたこあらです🐨

大学3、4年生の皆さんは、現在就職活動で大変な時期を迎えていると思います。

私はすでに20代後半になってしまいましたが、今でも就活のことを思い出し、ふっと吹き出すことがあります。

就職活動は、人生で初めてで、右も左も分からないまま書類を書いたり、面接を受けたりしますよね。

分からなくて当然です。失敗して当然です。

特に今年はコロナで思うように進んでいないと思います。

そんな就活生の皆さんに、元気を出して欲しいので、私の過去の失敗談をお話しいたします。

ぜひ、笑って、こんな失敗はしないように学んでくださいね!

第3位 廊下ですれ違った知り合いに思わず話しかけてしまい・・・

大学2年生の1年間、池袋にある大手英会話スクールに通っていました。

大学3年生の12月に就活が解禁になり、業界や業種を絞る上で、英語を使える、国際的な仕事に興味を持っていました。

そこで、昨年自分が通っていた英会話スクールの「営業カウンセラー」の求人があったので、そこに応募することにしました。

ESが通り、一次面接に行きました。

面接は東京都の本社で行われたのですが、自分が通っていた頃にお世話になったカウンセラーさんや講師の方がもしかしたらいるのではないかと、内心ワクワクしながら面接会場に向かいました。

そこでなんと、まさか、予想が的中し、昔お世話になった、有村架純に激似のカウンセラー Aさんが受付係として立っていらっしゃったんです!!!

めちゃくちゃ興奮しました!!!!

だって、もう自分が英会話を辞めて、一生会えないと思っていたから。

声をかけるかどうかすっごい悩んだんですけど、その時は「就活(自分の未来)」よりも「縁(今の出会い)」を選んだんです。

👩「すみません、Aさん、私、池袋校でお世話になったんですけど、覚えていらっしゃいますか?」

👩‍💻「え、あ、はい・・・」

もうめっっっっっっっっっっちゃ後悔しました。

なんで声かけたんやろ!!!!!!

多分、Aさんは私のことを覚えてくれてたんですが、今のAさんにとって私は、就職活動中の一大学生でしかなくてしかも向こうは人事の業務中なのに、空気読めよ!って感じだったと思います。

我に返った私は、👩「すみませんでした・・・」と会釈してその場をやり過ごしました。

Aさんも、👩‍💻「気をつけてくださいね」と返してくださいました。

「気をつけてくださいね・・・?」

心の中で反芻しながらその言葉に込められた意味を考えました。

何?どういうこと?

そんな非常識な行動、今後取るなよってこと?

それとも、面接頑張ってねってこと?

それとも、、あなた、結果がどうなっても知らないわよ?ってこと?笑

色々考えて、結論には辿り着けませんでしたが、序盤に犯した恥のせいで、面接はボロボロでした。

第2位 面接で「第一志望はどこですか?」と聞かれ・・・

某不動産会社の二次面接に伺ったときの話です。

1対1の個人面接で、面接官は30代後半の男性で、人事部の責任者とのことでした。

机を挟んで座り、終始落ち着いた感じの雰囲気を作り出してくださった面接でした。

だからこそ、私はこの失言をしてしまったのです。

第一志望はどこですか?

東宝株式会社です!

言ってしまってから

はっっっっっっっ!!!!とパニックになってしまいました。

ヤバイ!!!正直に言いすぎた!!!!

当時、私は映画の東宝に行きたくて行きたくてたまらなかったのです。

今回面接に来ていた不動産会社は、たまたま合同説明会に参加した際、選考フローが短い(面接の回数が少ない)と聞いて、志望動機もないのに応募したところだったのです。

緊張のない、落ち着いた雰囲気で臨めたのでつい、本音が出てしまい、世間話みたいに、

映画が好きで、映画をつくる裏側に携わりたいと思っています!

と、面接官にしたら全く関係のない会社の志望理由を聞かせることになってしまったのです。

面接官は、苦笑いで「そうなんだねぇ」と答えてくれたのですが、第一志望への熱い思いをのべたところで、我に返り、「すみません」と謝ってしまった私。

その後の面接は頭が真っ白で何も覚えていません。

翌日には不合格の結果が届いていました。

改めて、「第一志望はどこですか?」ってめっちゃ意地悪な質問ですよね!!!w

第1位 自分を過大評価、過信しすぎて大企業ばかり受けまくり・・・

「海猿」の映画が好きで、大手映画会社の「東宝」に入りたい!!!という一心で就職活動に励んでいました。

感動する映画のエンドロールに自分の名前を載せたい!!!と夢を語っていました

結論から申し上げますと、東宝は、一次審査のESで落ちるという無残な結果に終わりました

私は、

・早稲田出身

・一般試験で入学

・日本一4連覇を成し遂げた体育会ソフトテニス部のトレーナー

・小学校から大学までずっとソフトテニス

・TOEICも660(当時は高いと思っていたw)、漢字検定2級

・コンビニのアルバイト2年半務め、常連のお客様も多数

・家庭教師経験あり

こんな、文武両道の人材(w)を、誰が落とすのか!!!!

って思っていたんです、当時は。

ばかでしょ。

もう、過大評価してました。

自分に自信満々だったんです。

でも、このことに自分は気づかなかったんです。

また、「自分は大手に行ける」と過信していて、しかも、就活なんてすぐ終わるだろうと舐めていて、名前の知っている大手しかエントリーしておりませんでした

参考までに、自分がエントリーした企業をご紹介します。

・関西テレビ

・TBS

・明治製菓

・森永

・アシックス

・ミズノ

・ニトリ

お察しの通り、ことごとく落ちまくって、就活解禁早々(解禁後1ヶ月)に持ち駒がなくなってしまったんです。

この状況がいかに過酷で絶望的か、想像できますよね。

さらに、すでに第一志望を早々に落ちてしまっていた私は、就活のモチベーションが皆無で、何を目標にすればいいかわからず、1ヶ月ほど、エントリーもせず、面接もなく、就活を休んだ時間がありました。

まとめ

就活は、大学生が初めて社会に触れる機会で、右も左もわからず、何が正解かもわからず、失敗・緊張の繰り返しだと思います。

ただ、1社目の会社が人生の全てを決めるわけではありません

第一志望で入った会社も、3ヶ月で辞めてしまう同期もいました。

人間関係や部署の雰囲気が合わず、長く続かなかった人もいました。

第一志望に受からなかったからと言って、あなたの行動が無駄になったわけでも、人生が無駄になったわけでもありません。

この仕事が一生続くとか、人生を左右するとか思わないで、休憩しながらでも、自分のペースでできればいいんです。

納得できなければ、辞めればいいんです。

おわり。

。」

【経験談】朝が苦手だった私が、早起きできるようになったコツと裏ワザ 12選!

【貯金したい学生必見】バイト・節約しているのにお金がない!!学生がハマりやすい落とし穴!

【意外と知らない】学生や教職員・教育機関の関係者が新品のMacbookを格安で購入できる方法

「ゆとり」なんて言われたくない!「仕事ができる」と思われたい!新社会人が、マナーの前に知っておきたい、会社で働く上で気をつけること

【3日坊主解消のコツ】勉強、読書、ブログ、筋トレ、ダイエット 続かない人が挫折せずに続けられるようになる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました