【名探偵コナン】世紀末の魔術師 名場面・名言集 伏線回収 後編 ※ネタバレあり※

こんにちは!コナンマニアのこあらです🐨

推しは赤井秀一とベルモット!笑

大好きな映画、世紀末の魔術師の名場面集 後編をお届けいたします。

前編を見逃した方はこちら☟

映画 名探偵コナン 世紀末の魔術師の名場面集!張り巡らされた伏線集 前編※ネタバレあり※

いやー、本当にこの映画は名場面だらけですよ…ほんで今のコナン映画にはない、ミステリー性がかなり高い。

そして伏線が細かい。

では参りましょう!!!✨

舞台は船の中、フリーの映像作家、寒川竜さんが何者かに殺害され、警察や毛利小五郎が捜査をしているところです。

⑬  犯人は、「スコーピオン!!!」

秘書の西野さんのボールペンが、寒川さんの部屋に落ちていたことから、西野さんが寒川さんを殺害した犯人だと疑われていました。

しかし、コナンの中では何か引っかかりを隠し切れずにいた。

そんなとき、西野さんの部屋からマリアの指輪が発見されたことから、西野さんの犯行が決定的なものとなり、目暮警部も西野さんを犯人だと思っていました。

・・

ふとコナンは、西野さんのベッドの枕に目をやります。

すると羽毛枕ではなく、もみ殻の枕でした。

蘭の部屋に遊びに来た西野さんが出て行ったのは、その部屋に鳩がいたからだと気づき、西野さんは羽毛アレルギーなのではないかと気づきます。

さらに、羽毛アレルギーである西野さんが自ら羽毛枕を切り裂くはずがないと確信します。

そこでコナンは、右目を撃つスナイパーのことを調べてほしいと、船の中の公衆電話から阿笠博士に電話し、その殺人犯を特定することにしました。

博士が調べた結果、世界中で指名手配されている、ロマノフ王朝の財宝を狙った、年齢不詳、性別不明の「スコーピオン」という存在がいることがわかったのでした。

⑭ 怪しい視線の正体は…

公衆電話で阿笠博士と電話をしていたときや、今回の事件は西野さんではなく、スコーピオンの仕業だと推理しているとき、何やら鋭い視線を感じていました。

それがなんと白鳥刑事の視線だと気づいたのでした。

以前引いたおみくじで、「秘密が明るみに出ます」といのは白鳥刑事のことだったのか…と合点。

白鳥刑事に正体がばれたらまずいと思い、麻酔銃で小五郎を眠らせる推理劇は今回は無理だとあきらめ、いろいろなヒントを小五郎や目暮警部に与えながら彼ら自身で謎を解くように導いたのでした。

そのコナンの予想をよそに、蘭はコナンの怪しい・おかしい行動をじっと見つめていたのでした。

⑮ 「2つのエッグ」ならぬ「2つの事件」が重なっていた!

コナンのヒントのおかげで、小五郎はこの事件の真相にたどり着きます。

それは、2つの事件が同時に起きようとしていたということでした。

まずは、寒川さんが西野さんをはめようとした事件

寒川さんと西野さんは昔に面識があり、西野さんがアジアを旅行していたとき、寒川さんは火事で家を焼かれた子供のビデオを撮り続けていたとのこと。

寒川さんは、西野さんが何度注意してもやめなかったので、西野さんが思わず殴ってしまったという出来事があったのだそう。

それで寒川さんが今回仕返しをたくらみ、西野さんに指輪泥棒の罪をかぶせようとしたのです。

ところがここで第2の事件が起きます。

寒川さんがスコーピオンに射殺されてしまう事件です。

自分のマリアの指輪を西野さんのベッドの下に隠した寒川さんは、部屋に戻るとすぐにスコーピオンに射殺されてしまったのでした。

スコーピオンは寒川さんがつけていたマリアの指輪を狙っていたが、指輪がないことに気づき部屋中を荒らして探し回りました。

このように2つの事件が絡み合っていると推理したのです。

また、白鳥刑事が船を調べたところ、救命艇が1艘なくなっていることに気づき、スコーピオンは船外へ逃げたと推測。

スコーピオンはロマノフ王朝の財宝を狙っているので、もう1つのエッグを狙って横須賀のお城に現れる可能性があると白鳥刑事は予想しました。

⑯ いよいよクライマックスの舞台!横須賀のお城へ!

お城に向かう途中のタクシーの中で、セルゲイさんが小五郎一家にニコライ皇帝一家の逸話を話します。

皇帝一家はロシア革命のあとで全員銃殺されてしまった

4人姉妹の3女マリアと皇太子の遺体だけが確認されていない

そのマリアだけが灰色の瞳をしていた

この話を聞き、灰色の瞳と言えば夏美さんと同じだ…と不思議に思っていたのでした。

お城はロシア風ではなくドイツ風のお城でした。

ここにもコナンは引っかかります。

すると後ろから博士の車が到着。

呼んでもいないのに少年探偵団がついてきていることにぎくり。

何やらコナンが博士に電話で頼んだようで、予備のメガネを持ってきてくれます。

「ほれ、君に言われた通りバージョンアップしておいたぞ」

これがストーリーの最後に鍵を握ります!!!

⑰ からくり大好きひいおじいさんのお城

執事の沢部さんがお城の中を一部屋ずつ案内します。

トイレに行きたいと言い出した乾さんは、隙を見てトイレに行くフリをして貴婦人の間に戻り、絵画の裏に隠された財宝がないか探し回ります。

持ってきた小道具で絵画の裏にあった隠し金庫を開け、財宝を見つけニヤニヤ。

独り占めしようとしたところをきいちさんの仕掛けによって死にそうになります。

沢部さんは近寄り、彼に忠告。

このお城にはいくつもこのようなからくりがあるとのこと。

これはほんの序の口に過ぎませんでした。

⑱ 意味深なラスプーチンの写真

執務室に案内されるとずらり写真が並んでいました。

コナンが夏美さんに、ひいおばあさんの写真はあるかと聞くと、彼女の写真は1枚もなく、夏美さんでさえもひいおばあさんの顔を見たことがないという。

写真の中には、皇帝一家と親しかったと伺えるラスプーチンの写真が飾られていました。

そこにはゲー・ラスプーチンとサインがありました。

蘭が小五郎にラスプーチンについて尋ねると、乾さんが話を割り、ラスプーチンがどれだけ悪党だったかを蘭や小五郎に説明していたのでした。

ラスプーチンは、最後には頭蓋骨が陥没し、片目がなくなった状態で川から遺体で発見されたという。

ここにコナンはこの事件との共通点を見出していた…

⑲ ここから怒涛のからくり劇!この映画の名場面中の名場面

間違いなくここが一番神秘的で感動的な名場面です。

「古城のテーマ」というBGMがこの映画の不思議な雰囲気を引き立たせています

コナンは、小五郎が吸っていたたばこの煙の揺れ方を見てピンときます。

たばこを取り上げ、「下から風が来てる、この下に秘密の地下室があるんだよ!」とみんなを驚かせます。

床の隅に小さなくぼみを見つけ、開けてみるとロシア語のアルファベットの文字盤が隠されていたのでした。

コナンはセルゲイさんにロシア語で何か打ってみてと依頼。

すかさず小五郎が「思い出だ!ボスポニナーニエに違いない!」と叫ぶ。

乾さんも「キイチコウサカだ!」とこの城の主の名前を叫ぶが、残念ながらその2案では何も変化がない。

セルゲイさんが夏美さんに、ひいおじいさんから伝え聞いている言葉はないかと尋ねるが、夏美さんには思い当たる言葉がないようだった。

コナンがおもむろに、「バルシェ、肉買ったべか」とつぶやく。

「夏美さんの言ってたあの言葉、ロシア語かもしれないよ?」

夏美さんやセルゲイさんがその言葉をヒントに、思い当たるロシア語を探すが、そこで青蘭さんが口を開く。

青蘭「それって、ヴァルシェブニック カンツァーべカじゃないかしら」

セルゲイ「そうか!!!ヴァルシェブニック カンツァーべカだ!!!

コナン「それってどういう意味?!」

セルゲイ「英語だとThe Last Wizard of The Century(ザ ラストウィザードオブザセンチュリー)、日本語だと…」

青蘭「世紀末の魔術師」

小五郎「世紀末の魔術師、どっかで聞いたような」

蘭「キッドの予告状よ!」

セルゲイさんがロシア語で文字を打つ

城内の歯車が轟音を立てて動き始め、地下室への階段が現れたのでした。

地下室を進んでいくと、1本道を進んできたはずが行き止まりになっていました。

壁画には皇帝の象徴の、双頭のワシが描かれていました。

ワシの上には王冠、その後ろには太陽が描かれていたことから何かヒントを得ます。

コナンは白鳥刑事にライトの光を細くして、王冠に光を当てるよう指示します。

その推理は的中し、王冠には光を感知する光度計が組み込まれていて、さらに地下への階段が現れたのでした。

天井が高く、卵のような形をした聖堂にたどつくと、そこには大きな棺がありました

夏美さんが祖母の遺品を整理したときに出てきた立派な鍵が、この棺だったのです。

棺の中には一体の遺体とそれに抱きかかえられるようにエッグが眠っていました。

エッグを取り出し見てみると、中は空っぽで溝が彫られていました。

あゆみが、「それ、マトリョーシカなの?」と言うと、一行は虚を突かれたように驚きます。

マトリョーシカだとすれば、このエッグの中に、もう一つのエッグが入るはず…

くそ!!もう1つのエッグがあれば!!!っと小五郎が後悔しているときに白鳥刑事が

「ありますよ、エッグなら。こんなこともあろうかと鈴木会長から借りてきたんです」

とバッグからエッグを取り出しました。

小五郎はすかさず、「黙って取ってきたんじゃないだろうな」と問い詰めます

2つのエッグはまさにマトリョーシカのようにぴったりはまり、きいちさんは2つで1つのエッグを作ったということに気づきます。

これで終わりなのかと不満そうな顔を浮かべるコナン。

エッグを見つめる小五郎は、立派な宝石に釘付けでしたが、夏美さんは「ただのガラスじゃないかしらこれ」と小五郎を驚かせます。

それを聞いてコナンは「ガラス?!」と何かに気づいた様子。

光度計やそばにあった台を見つめ、まだ何か仕掛けがあるに違いないと踏んだコナンは、エッグをもち、聖堂中央にあった台へ向かう。

白鳥刑事の持っていた懐中電灯を台の溝に設置し、その光をふさぐようにエッグを置いた。

すると、エッグの中身が浮き出て、皇帝一家の模型が本を開くと、エッグから天井に向かって光線が放たれる。

この瞬間は本当に鳥肌!!!!

「I`ll be there」の挿入歌に合わせてニコライ皇帝一家の写真がずらりと天井を覆いました。

これには一同、開いた口がふさがらず、ただただ天井を眺めています。

小五郎・蘭「そうか、エッグの中の人形が見ていたのはただの本じゃなく、アルバム。

コナン「だからメモリーズエッグだったんだ。

セルゲイ「もし皇帝一家が殺害されずにこのエッグを手にしていたら、これほど素晴らしいプレゼントはなかったでしょう」

小五郎「まさに世紀末の魔術師だったんですな、あなた(夏美さん)のひいおじいさんは。」

コナンはここですごいことに気づいたかもしれない。

夏美さんのひいおじいさんの隣に座っていた女性が、夏美さんのひいおばあさんであり、

ニコライ皇帝一家の4姉妹の写真を見て、夏美さんに酷似した女性がいることに気づく。

まさかこれは…

ただしこれには確信がない…

⑳ エッグの行方

すばらしい遺産だと認識したセルゲイさんは、ロシアによるエッグの所有権を放棄し、夏美さんが持つことに意義があるとして、エッグを夏美さんに渡します。

そしてここで灰原哀がコナンにぼそっとつぶやきます。

哀ちゃん「ラスプーチンの写真、出てこなかったわね。皇帝一家と親しかったはずなのに」

コナン「ああ、たしかきいちさんの部屋にも…」

この一言で、重大なことに気づいたのでした。

そのころには時すでに遅し…

小五郎がマークされ、狙われているのがわかりました。

  

間一髪で危機を逃れた小五郎でしたが、今度は蘭までも狙われました。

こちらも間一髪で蘭を弾から守ったコナンでしたが、エッグを持っていた夏美さんが転倒し、夏美さんの手からエッグが奪われてしまったのです。

㉑ コナンと犯人の逃走劇、ついにスコーピオンの正体が明かされる

犯人を追いかけるコナンですが、途中で仕掛けられた爆弾や知らない間に殺されていた乾さんの遺体により遅れを取ってしまいます。

そのせいで、地下室の入り口もふさがれてしまい、閉じ込められてしまいます。

きいちさんのことだから中から開けられるスイッチがどこかにあるはずだと信じ、1つだけカタチが違うブロックを見つけます。

その間犯人は、城内にガソリンをまき散らし、マッチに火をつけ逃げようとします。

   

コナンは柱の陰に隠れ、蝶ネクタイ型変声器で自らの推理を犯人に聞かせます。

白鳥刑事や小五郎の声に、すでに死んでいる寒川さんや乾さんの声も混ぜて相手を混乱させます。

「お前は、、私が殺したはず!!」と戸惑う犯人。

コナンは柱に隠れながらも一瞬の隙をついて走り回り、ピストルの中に入った弾を消化させます。

浦思青蘭の中国読み、プースチンランを並べ替えると、ラスプーチンになると驚きの推理をしました。

※厳密には、並べ替えるとンが1つ余ってしまいますが…多めに見て笑

 

犯人、スコーピオンの正体は、浦思青蘭だったのです。

寒川さんを殺害した動機は、船の中で部屋に飾っていた写真を伏せるのを忘れ、ビデオに撮られたと思ったから。

それで寒川さんを殺害したときにビデオテープを荒らしたよう。

裏向けるのを忘れたのは、先祖、グレゴリー・ラスプーチンの写真だったのです。

 

乾さんを殺害した動機は、ピストルにサイレンサーをつけているところを目撃されたから。

そして小五郎や蘭を狙ったのは、先祖であるラスプーチンを世紀の大悪党だと言ったから。

    

右目を狙い続けたのは、先祖であるラスプーチンが殺された同じやりかたで復讐を果たすため。

「おしゃべりはそれぐらいにしな、

可愛そうだけどあんたにもここで死んでもらうよ」

ついにコナンの危機。

ここまでの逃走劇で、すでに8発を使っているスコーピオンだったが、

「いいこと教えてあげる

あらかじめ銃に弾を装填した状態で8発入りマガジンをセットすると9発になるのよ。

つまり、この銃にはもう1発弾が残ってるってこと。」

「じゃあ撃てよ、本当に弾が残ってんならな。」

「ばかな坊や。」

といって青蘭はトリガーを引く。

㉑ コナンの反撃開始、キッドの正体に気づく

スコーピオンから放たれた弾を跳ね返し、コナンは危機を逃れました。

博士にグレードアップしてもらったメガネは、弾を跳ね返す硬質ガラスが施されていたのでした。

一瞬の隙をつき、反撃開始!

再び銃を構えたスコーピオンの横から何か飛んできて、銃を吹き飛ばします。

     

後ろから白鳥刑事が現れ、助けに来てくれました。

その「飛んできた何か」を見つめ、それがトランプだとわかり、白鳥刑事がキッドだったんだと気づいたのでした。

お城が燃えさかり、コナンは助からないのか…

哀ちゃんは哀しい顔で「ばか…」と見つめる。

みんなが「コナーン」と叫ぶ。

「なんだよ、うるせーな」

エッグを持って立っているコナン。

コナン「このエッグ白鳥刑事がスコーピオンから取り返してくれたよ」

小五郎「白鳥が?!!で、スコーピオンはどうした」

コナン「逮捕して車で連行して行ったよ、スコーピオンの青蘭さんを」

小五郎とセルゲイさんが衝撃のカミングアウトに驚きを隠せない。

小五郎「とうとう現れなかったかキッドのやつ」

あゆみ「やっぱり死んじゃったのかな」

コナン「いや、奴は生きてたよ」

このやり取りを見て、蘭はなにやら確信を持った目でコナンを見つめている。

 

㉒ この映画のもう一つの名場面、キッドがコナンを救う

ストーリーの最後の3分でもう一つの見せ場がやってきます。

お城から探偵事務所に帰ってきたコナン一行。

鳩をなでながら元気のない蘭に、コナンは何やら異変を感じている。

           

「ありがとう、お城で助けてくれて

あの時のコナン君かっこよかったよ

まるで新一みたいで… 本当に新一みたいで。

と涙を止められないでコナンと向かい合う。

「でも別人なんでしょ?そんなんだよね…コナン君?」

コナンは問い詰められ、この流し目!!かの有名なこの流し目含み笑い!!!

「限界…だな…」

メガネを外し、「蘭、実はオレ…本当は…」とすべてを打ち明けようとしたそのとき、

蘭は視線を上げ、全く違うところを見つめていた

「新一・・・!!!!」

これには思わずコナンも「へっ!!!!????」

「愛はいつも」の切ない挿入歌に合わせて、まさかの新一が現れたのです。

蘭はすかさず駆け寄り、ばか!!!!どうしてたのよ!!!!と感情を爆発させます。

そして濡れている新一を見てタオルや着替えを取りに3階へ上がっていきます。

その間に新一は、1階出口へと向かっていきました。

「待てよ怪盗キッド

まんまと騙されたぜ

まさかあの白鳥刑事に化けて船に乗ってくるとはな」

ついにコナンとキッドが対峙。

今回の事件についてコナンの推理を新一に扮したキッドが鳩を出しながら話を聞いている。

一方で警視庁では浦思青蘭の取り調べが行われていました。

目暮警部は白鳥刑事を見て、「おおー!!!白鳥君、今回はお手柄だったな!」

「は?なんのことです?私はたった今軽井沢から戻ってきたところですが」

コナンは、キッドに「ほー。ほかに気づいたことは?」と聞かれ

「夏美さんのひいおばあさんが、ニコライ皇帝の3女、マリアだってこと言ってんのか?」と勝負に出る。

・マリアの遺体は見つかっていない

・それは皇帝一家が銃殺される前、きいちさんに助けられて日本へのがれたから

・きいちさんとマリアの間に愛が芽生え、子どもが生まれた

・それが夏美さんのおばあさんに当たる人

・彼女が生まれてすぐ、マリアさんはなくなった

・ロシアの革命軍からマリアの遺体を守るため、日本にお城を立て、そこにエッグと一緒に遺体を眠らせることにした

・そのお城をロシア風ではなくドイツ風のお城にしたのは、マリアの母がドイツ人だったから

・マリアの遺体を子孫が見つけてくれることを願って、きいちさんはお城の手がかりとしてもう一つのエッグを残した

「とまあ、こう考えればすべての謎が解ける。」

※これまで20回以上この映画を観てきたのですが、この秘密に気づくまでめちゃくちゃ時間がかかりました。なぜ、「マリアと夏美さんのひいおばあさんが同一人物だ」という推理が立てられるのかということです。

皇帝一家は銃殺されており、マリアを含む4姉妹もなくなったため、本来なら皇帝一家の血筋は途絶えてしまっているはずである。

しかし、地下室でエッグから放たれた写真を見たとき、きいちさんの隣に腰かけていたひいおばあさんと、皇帝一家の4姉妹の写真の中に、そのひいおばあさんに酷似した女性が写っていることにコナンは気づきました。

そしてそのひいおばあさんと4姉妹のひとりと夏美さんの3人が酷似していることから、子孫が途絶えたはずなのに、夏美さんがいるということは、ひいおばあさんとマリアは同一人物であるという推理しかないのだということに気づく。

これはほんとに、気づいたときには神秘的ともいえるミステリーでした。(遅

 

ここからキッドとコナンの名言集が溢れています。

キッド「君に一つ助言させてもらうぜ

世の中には謎のままにしておいたほうがいいこともあるってな。」

コナン「たしかに、この謎は謎のままにしておいたほうがいいかもしれないな」

キッド「じゃあこの謎は解けるかな名探偵。

なぜオレが工藤新一の姿で現れ、厄介な敵である君を助けたのか。」

コナン「ばーろ。んなもん謎でもなんでもねえよ。

お前がオレを助けたのは、こいつを手当てしたお礼 だろ。

大量の鳩が飛んでいくのを見届けます。

ここで最後にB’zのOneが流れます!!!!!!

もうこれが最高なんですよ!!!!!

映画史上初めての、キッドとコナンの対決はこうして幕を閉じます。

エンディング後、蘭は、新一を止めてくれなかったコナンに怒っています。笑

いかがでしたか。

名場面、名言、そして謎だらけの初期のころの映画、世紀末の魔術師。

最近の映画にはない、ミステリー要素たっぷりの神秘的な作品ですよね。

絵はたしかに古いけど、味があって大好きなんです。

ぜひ世紀末の世界へ戻ってみてください✨

少しでも多くの方に、最後のB’zの「One」が流れる瞬間の感動を味わってほしいです…。

 

【2020年最新】名探偵コナン全24作!名曲ぞろいの歴代映画主題歌ランキングTOP12

 

6.商品レビュー
スポンサーリンク
こあらをフォローする
こつこつ こあら

コメント

タイトルとURLをコピーしました