【3日坊主解消のコツ】勉強、読書、ブログ、筋トレ、ダイエット 続かない人が挫折せずに続けられるようになる方法

こんにちは。

寝る前のストレッチと筋トレを15歳から10年以上続けているこあらです。

この記事ではこんな悩みや疑問にお答えします

・ダイエットを始めてみたけど続かない

・続けてみたけど効果がないから辞めてしまった

・いつも目標を決めるけど挫折してしまう

そう、世の中には、自分で決めたことをなかなか続けられない人がたくさんいると思います。

私も、続けられるものと続けられないものがあります。

1年以上続けられたものは、これから紹介する「救済処置」を利用して、ここまで続けてきました。

ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです。

「毎日続ける」というハードルを低くする

根本からずれてるじゃん!!って思う方もいるかもしれませんが、「毎日続けられない」って人はそもそも、「毎日やる」というハードルが高いんだと思います。

そのため、「2日に1回」とか「月・水・金」というペースは絶対に崩さないというルールを設ければ、「毎日しなきゃ」というプレッシャーからは少し負担が少なくなります

✔2日に1回は単語を10個覚える

✔2日に1回はトレーニングする

✔月・水・金はトイレ掃除する

✔月・水・金は玄米を食べる

✔2日に1記事ブログを書く

✔2日に1冊読書する

こんな感じにすると、格段に続けやすくなります。

2日に1回トレーニングすると決めたなら、「昨日やってないから今日はやる日だ」と思うようになるし、昨日やっていない罪悪感とも戦わなければなりません。

2日に1回のペースでもダメでしたって人は次のヒントを!

休憩も大事だけど、0(ゼロ)の日を絶対に作らない

やっぱり毎日続けないと忘れてしまう!って人もいると思います。

そのため「毎日続ける」というルール(頻度)は変えずに、1回分の「量」を調整してみてはどうでしょうか。

「毎日」というのは、「どれだけバイトや仕事、部活で疲れていても、熱が出ても、生理痛で頭が痛くても、旅行先や出張先でも毎日」ということです。

・今日は旅行に来ているからパス

・今日はちょっとしんどいからパス

・今日は彼氏とお泊りだからパス

・今日は誕生日だからパス

これを1度でもやってしまうと、もう次回からどうでもよくなっていまいます。

人間、楽な方に甘えてしまうので、楽な道を知ってしまうとなかなか元には戻れません。

どんな状況下であっても、「毎日続ける」ということができる量にしておくことが大事です。

つまり、熱が出ても、自宅にいなくてもできる、無理のない量にすることです。

✔絶対に、どこにいても問題集を1日2ページ分進める

✔単語を5個、どれだけ疲れていてもやる

✔腹筋10回だけは毎日する

✔本を5ページだけ読む

全く何もしない日を1日でも作ってしまうと、これからもそういう日が出てきてしまいます。

そして、「なんだ、昨日1日サボったけど何も起こらなかったじゃん」と味を占めるとサボる頻度が多くなってしまい、続かなくなります。

どうしても疲れていても、すっごく少量でもいいので、「何もしない日」をとにかく作らないこと。

憧れとは別の、「こういう風にはなりたくない!」という反骨精神

ダイエットを始めるとき、誰もが、

菜々緒さんみたいにスタイルよくなりたい!

石原さとみさんみたいにきれいになりたい!

50㎏に痩せてみんなにうらやましがられたい!

っていう理想のイメージがあり、それがきっかけになっていると思うんです。

ただ、3日間、1週間、1か月とダイエットを続けてみたところで気づくんです。

菜々緒さんに近づくなんて無謀だったかな…

石原さとみさんなんて私には無理かな…

あと10㎏も痩せるなんて厳しいのかな…

自分の立てた目標があまり現実的ではないことを悟ります

それを防ぐために、今まで抱いていた理想像を捨てて、代わりに「ネガティブな感情をモチベーションにする」方法があります。

たとえば、テレビに出てきた芸能人や、自分よりも太っている友人を思い出して、

「こんな人には絶対になりたくない」という反骨精神を利用することで、「あこがれ」や「理想像」よりも強いモチベーションが生まれます

✔あんな風にはなりたくないから今トレーニングしておこう

✔あんなデブになったら元には戻れないから、このデザートは我慢するぞ

✔○○先輩みたいに浪人したくないから、今できるうちに勉強しておかなきゃ

と、「最悪な像」を想像すれば、最低限の量だけでも続けられるようになると思います。

何かをやめることも、続けていくことの一つの手

何か新しいことを始めるとき、結局忙しくて続かなかったり、余裕がなくて続けられなくなったりしますよね。

たとえば、1日1冊読書をしたい!ブログを始めたい!って思っても、今までの生活に「2時間の読書」「毎日3時間のブログ執筆」をすぐに加えるのはなかなか難易度が高いため、挫折してしまう場合が多いです。

コップの水がいっぱいの状態でまた上から水を注いでもあふれ出てしまうように、人それぞれ24時間の持ち時間には変わりはないのですから、「2時間分の読書」「3時間分のブログ」の余裕を確保しなければなりません。

✔今まで見ていたテレビの時間を短くする

✔ケータイでゲームしていた時間を短くする

✔会社の飲み会を断わる

✔睡眠時間を削る(個人的にはおすすめしませんが)

✔電車の通勤時間をスマホ→読書へ

✔会社の近くへ引っ越して、通勤時間を短縮する

このように、キャパオーバーにならないように、新しいことを始める器を用意しましょう。

1週間続けられたら自分にご褒美!

ダイエットも勉強も読書も、結局好きなこと、楽しいことでないと続けられません

ダイエット自体が楽しくないことはわかります。

でも、ダイエットを続けると、続けた先に見える景色が楽しみ!という考え方もできます。

勉強だって絶対しんどい。

でも、模試で今までにない高得点が取れるようになったり、英語の長文がすごく速く読めるようになっていたり、成長を感じると絶対楽しい。

苦しみの先にある楽しみを想像します。

ただ、それはいつ来るかわかりません。

1か月後かも、1年後かもわからない。

そんな、「いつ来るかわからない楽しみを待つ」ことも苦痛に感じることがあります。

そのため、3日坊主のあなたが、1週間続けられたら記録更新です。

1週間続けられたら2週間、3週間と、自分史上初の快挙となるわけです。

新記録樹立のたびに、自分にご褒美を与えましょう。

1週間ダイエットが続いたら、ほしいものを買う(食べ物以外)

1週間朝のジョギングが続いたら、次の日曜日はたっぷり寝る日

1週間読書ができたら(7冊読んだら)1日だけゲーム解禁

1週間単語が続けられたら、たまっていた録画を見る

1か月ダイエットが続いたら、食べたかったものを食べる日!

ブログ10記事更新したら、ご褒美に焼肉!

このように、理想や高みを追い求めすぎて、1日1日が憂鬱になると、続けられなくなるので、短期的な目標を作り、その目標達成ごとにご褒美を設けてモチベーションを維持することが大事です。

自分で自分をほめて、甘やかしながらでいいので続けていきましょう。

続けられた人にしかわからない景色が見えるはず!!

まとめ:あとは心の持ちよう!!!!

歯磨きやお風呂、お化粧と一緒で、「毎日続けるのが当たり前」にしてしまえばいいんです。

いわば、習慣ですね。

歯磨きやお風呂は、毎日しないと気持ち悪くて寝られないという域に達していると思います。

スマホだって、起きたらまず触りますよね?

触らなかったらすっごく気になるし、自宅にスマホを忘れて仕事に来てしまった日には、取りに帰ろうかとそわそわするほど。

勉強も読書もダイエットもブログも、あなたの生活の一部として「やるのが当たり前の習慣」にしてしまえばこっちのものです。

そこまでたどり着くのに苦労する!という気持ちは痛いほどよく分かります。

今続けようとしていることが、どれだけ自分にとって大事か、必要なことか考えてみてください。

生きていくことに必要なら続けないといけないし、大事ならやりますよね

【経験談】朝が苦手だった私が、早起きできるようになったコツと裏ワザ 12選!

【マナブさんYoutube要約】今すぐやめよう!仕事が遅い人の特徴5選

【ブログ】100記事書いたのにアクセス・収入が伸びない!100記事達成後のTo Do リスト10個とSEO対策

【英会話上達のコツ】ちょっとした工夫でネイティブに近づける話し方

5-0. お仕事の記録
スポンサーリンク
こあらをフォローする
こつこつ こあら

コメント

タイトルとURLをコピーしました