南国移住計画!フィジーでの仕事とフィジー人と働くときの注意点

Bula!🙌 こあらです🐨

 

今日は、海外で働きたいと思っている人に、穴場である「フィジー」での仕事をご紹介します!

(2020年2月更新!)

 

フィジーでどんな仕事ができるかだけではなく、2年間働いてみてわかった、「フィジー人と働くということ」、日本とのギャップをお伝えできればと思います。

 
フィジーでのお仕事例

 

・日本食レストランスタッフ・料理人

(大黒、一休、チョコレート工場など)

 

・ホテルマン

・ダイビングショップスタッフ

 

・フライトアテンダント、通訳スタッフ

(フィジーエアウェイズ)

 

・日本人向けツアー会社のツアーガイド・ツアーコンダクター

(H.I.S、SPO、Tour Manager Fiji、Rosie Holidayなど)

 

・英語語学学校スタッフ・カウンセラー

(South Pacific Free Bird、COLORS、SKY、ランデブーフィジー)

 

・日本語学校の日本語教師

(Free Bird Institute)

 

・日本大使館への派遣、出向

・JICAボランティア

JICA公式HPより

 

 
働き方、仕事を見つけるまで

 

・自分でビジネスを経営する(投資家ビザがあるらしい…)

関連記事☟

番外編★儲かりまっか~!フィジーで売れそうなビジネス 5選

 

・就労ビザを取得する

・日本企業からの出向

・現地採用

・知り合いの紹介

・短期インターンシップ

海外インターンシップを探せるサイト:タイガーモブ

タイガーモブでインターンシップを探す

 

観光ビザ、配偶者ビザ、学生ビザでは働けない

 

就労ビザは期限3年、更新の必要あり

 
 
 
人手不足、スタッフ育成に悩んでいる経営者たち

 

フィジーに行ってフィジーで仕事なんかあるの?

日本人が雇ってくれるの?って思いますよね。

 

フィジーには、日本人が経営している企業がいくつもあります。

そんな日本人経営者が日本人従業員を雇うメリットは何だと思いますか?

 

・時間通りに出勤できる

・無断欠席しない、さぼらない

・いきなり退職しない(退職は事前に相談するのが当たり前)

・日本人のお客さんの要望がわかる

・日本の接客方法、おもてなし、文化がすでにわかっている

・日本語で教育できる

 

こんなの当たり前じゃないの?って思うかもしれません。

時間通りに来るとか、無断欠席しないとか日本人だったら本当に最低限のマナーです。常識です。

 

ただ、フィジー人にこれを最初から教えるって本当に骨が折れるし、経営者は何度も裏切られてきました。

 

なかなか人手不足であるうえに、仕事が続かないフィジー人、時間通りに来ないフィジー人、0から教育してきてたのに、給料日の翌日に急に来なくなってしまうフィジー人。

本当に現地の人を採用する上で困っていることが尽きません。

 

日本人の経営者が従業員に求めることは、最低限のマナーで、

時間通りに出勤すること、無断で欠席しないこと、退職する前には事前に相談することなど、私たちにとっては当たり前のことです。

 

多くの日本人を相手にする旅行会社や語学学校、日本食レストランは、フィジー人従業員の育成に大変苦労をしています。

 

日本企業であるがゆえに「給料がいい」と求人に飛びついたフィジー人は、

今まで現地のレストランや工事現場でしか働いてこなかったがゆえに

フィジーの適当な接客やマナーしか身についていません。

というかそれが普通でした。

しかもそれで問題なかったんです。

 

しかしながら、お客さんである日本人が、企業に求めるレベルも高いがゆえに、お店で働くスタッフにもそのレベルに対応できるように育てる必要があるんです。

ただ、これは想像に難くなく、フィジー人を“日本標準”に育てるまで相当時間がかかります。

 

そのため、日本人相手にする企業のオーナーが、いきなり日本の「当たり前」や食文化、言葉がすでにわかっている日本人を採用できるとなれば、これほど人件費削減、育成時間の削減ができるアドバンテージはありません。

日本語で教育できるし、お客さんの要望もわかる、大変大きな利点なのです。

 

そのため、日本企業のオーナーは、本当は、日本人従業員を喉から手が出るほど欲しがっています。

日本からフィジーの求人を見つけるのは至難のわざですが、現地に来てみてお店に飛び込んで、雇ってくださいって言ってみたほうが近道かも。

意外とそのへんは柔軟に対応してくれるし、そこからビザをどうする、働き方をどうするかって相談に乗ってくれるかも。

もちろん、日本の転職サイトからも応募できるお仕事もありますが、フィジーで働ける仕事のほとんどは現地に来なければわからないものも多くあります。

こういう、日本人の少ない国や地域では、とにかくコネが大事で、「誰かの友達らしい」、「誰かの紹介らしい」、「うちはいっぱいだけどあのお店は空きがあるよ」って情報を回してくれたりするんです。

飲食業界、教育業界などはつながっているところも多いので、ダメ元でも1軒体当たりで行ってみるのもいいかも。

 

フィジー人と働くということ、信じられない仕事上の苦労

 

よく言えばポジティブ、ただ仕事上では無責任極まりない

 

・できないことを「できる」と言う

(対策)安易に彼らの言葉を信じないこと、そして裏切られたと思わないこと

何回、「裏切られた」と言う気持ちが生まれたかわかりません。

これ○○にメールで送ってもらっていい?

これエクセルで入力しておいてほしいんだけど

-「Yes!」「Of course!」と言ってくれたにも関わらず、

ごめん、ネットがなくて送れなかったー。エクセルが私のPCに入ってなかったの…って

期限を過ぎてから実はね。って言われるんです。ほんとにやめて。笑

信じたのが私の落ち度でした。

 

・根拠もないのに大丈夫じゃないことを「大丈夫」と言う

(対策)たぶん、彼らはポジティブなんだなと思うようにする

断水今日中に戻るかなぁ?-うん、きっと大丈夫よ!

○○は明日の予定おぼえてるかなぁ?-大丈夫大丈夫!

 

これらは全く根拠のない自信。笑

 

・あれはあの人に聞いて、あの人が知ってるよ。とたらいまわし

わからないことを聞きたくても、人によって全然答えが違う、誰も知ってる人がいない、適当に回答するなど、誰を信じていいかわからない。笑

 

・ラグビーを理由に仕事を休む

セブンスの応援はかなり熱狂的、体調不良と仮病を使うことも、複数人休みが重なることがある

致命的な時間のルーズさ

・頼んだ仕事をすぐしてくれない

対策頼み方を工夫する、口頭ではなく、紙に書いて証拠を残す、熱心なリマインドが必要

お願いしたら、OK!!って言ってくれるものの、いつまで経っても動いてくれない…笑

「あれやってくれた?」って確認しても、何回も確認すると嫌な顔されるから、仕事を頼むのが億劫になる。

 

・仕事が終わっていなくても定時になったら帰る

(対策)期限を前倒しで設定しておく、あらかじめ遅れる設定で。

そういうところは時間見てるんだ…って感じ。笑

絶対残業とかはしたがらない。終業きっかりで帰る。笑

 

・何でも先延ばしにする

対策)これ本当に今日中に必要なの!お願い助けて!って演技する笑

 

・だいたい予定通りに何も進まない

まずスタートが遅い。そしてスピードが遅いから全体的に遅れる。

・とにかくLazy、Fiji time

彼らの中では、時間という概念がないのかも。笑 Who cares!!

 

「文化」では片づけたくないフィジーの文化

 

・貸したものは返ってこない、これが有名なケレケレ

対策)大事なものは貸さない、名前を書いておく、お金の貸し借りを絶対にしない

修正テープ、字が消せるボールペン(フリクション)などは珍しいから、とられちゃいますよ。笑

 

・上下関係が厳しい

意外と目上の人へのリスペクトが厳しいお国柄。

 

・親族経営が多いため、いいことも悪いこともうわさが回りやすい

フィジー人の世界はほんとうにスモールワールド。どこにでも親戚や友達がいる。壁に耳あり障子に目あり。

 

・個人情報という概念がない

シュレッダーもないし、書類などもほったらかし。笑

 

フィジーで働く際の注意

 

・就労ビザ取得にはかなりの時間がかかる(早くても3ヶ月はかかる…)

・お給料はフィジー水準

・正社員だからといってそれ相応の給料・待遇を期待してはいけない

・日本ほども生活費はかからないため、十分生活はできる

・停電、断水が起こる。停電になったら仕事も進まない。

・とにかく必要なのは、英語力よりも、笑顔と、忍耐力と、コミュニケーション能力!!!

 そこまで高い英語力は求められません。TOEICでいうと600点-700点ぐらいでしょうか。

 それよりも、職場の人への気遣いや毎日の笑顔でのあいさつが何よりも重要!

 関係性をよく保ち、仕事をスムーズに進めるために、フィジー語を覚えて機嫌を取るのもアリ!笑

・年末年始の長期休暇が取得しやすい場合があるのはメリット!

・満員電車がない解放感!

 

まとめ

日本でもフィジーでも、ほかの国でもどこにいっても働く環境によってはメリットもデメリットももちろんあります。

たしかにお給料は低いし、ネットは不安定だし、フィジー人の仕事の意識の低さに疲れるけど、国自体がのんびりしていて、そんなにせかせかする必要はないんだなって思わされます。笑

それに、日本を俯瞰的にみるいい機会になるし、外国人と働くことや海外で仕事をすることって人生にかけがえのない経験を与えてくれます。

フィジーに来てウキウキ南国気分で来ても、実際の現場は理想とのギャップが大きく、しんどいこともあるかもしれません。あまりハードルを上げすぎなようにしてくださいね。

 

2020年2月最新版★フィジーの1ヶ月の生活費はいくら?低コストでしっかりお金が貯まる、ストレスフリーな途上国生活!

結構何でもそろう、フィジーのスーパーマーケットと気になるフィジーの物価

生活編★フィジーで一人暮らしに挑戦!物件の基本情報と賢い賃貸物件の探し方5選!

日本と全然違う!カルチャーショック連発の驚くべき「フィジーあるある」50個まとめ

長期の海外在住者のための、「海外で住んでいるからこそ気をつけたい」こと7選

フィジーに来てよかったこと 南国生活メリット10こ

やることいっぱい フィジー渡航前準備

フィジーの気候 雨季と乾季、サイクロン。南国の常夏の島にも秘密が…!

2020年最新版★フィジーの海でダイビングライセンスを取ろう!!離島の海はこんなに美しい!

仕事との向き合い方 あなたのモットーは?

フィジー人の性格 フィジー人の取扱説明書。

あくび、しゃっくり、いびき、おなら、吐き気、鳥肌…英語でなんて言うの?生理現象英語まとめ20選

 

コメント

  1. 芝井幸太 より:

    初めまして。 以前フィジーに1年半ほど住んでいました。フリーバードでの学生生活とインターンシップでした。フィジーでの仕事探しに興味があるのですが、働かれている学校は日本人向けの語学学校ではなく現地の学校でしょうか?また、旅行会社等で求人中などの情報ありましたら共有頂きたいです。宜しくお願い致します。

    • こあら より:

      芝井幸太様
      初めまして。コメントいただきありがとうございます。
      フィジー住んでいらっしゃったのですね。日本で働くと、フィジーの暮らしの良さが尚更わかりますよね。
      働いている学校は語学学校ではなく現地の高校ですが、おそらく幸太さんと同じく留学業務です。
      あいにく、フィジーの経済がかなり停滞している状態で、Fiji Airwaysをはじめ、多くの旅行系の会社が大規模なリストラをしています。
      ご存知の通り、フィジー自体が観光業でなりたっている国なので、フィジーの旅行会社等への就職は現時点では厳しいかと思われます。

タイトルとURLをコピーしました