【ソフトテニス】JCT8(日本リーグ代替大会)がスカイホール豊田で開催!男子プレー写真まとめ

こんにちは、こあら🐨です。

12月10日〜12日まで、スカイホール豊田にて「Japan Company Top8(JCT8)」が開催されました。

日本リーグが早々に中止になり、代替大会が行われる運びとなりました。

主催いただきました関係者の皆様、本当にありがとうございました。

ソフトテニスポケット様による公式HPはこちら👇

Japan Company Top8 特設ページ

女子版はこちら👇

JCT8(日本リーグ代替大会)がスカイホール豊田で開催!女子プレー写真まとめ

出場チームと試合概要(抽選順)

事情により、宇部興産、川口市役所が出られなかったため、日本を代表する8チームが集められました。

個人的に気になった試合を紹介します(素人の感想ですがすみません)。

Youtubeで動画を出してくれているものは紹介していますのでぜひ研究してみてくださいね。

太平洋工業(岐阜)

昨年の日本リーグから、男女ともに昇格を果たした太平洋工業。

固定のシングラー立木選手がチームの要としてどっしりと構えます。

太平洋工業ハイライト

特に個人的に印象的だった試合は、吉田・安井ペア vs 小栗・安井ペア(東邦ガス)の1戦。

香川・尽誠学園出身の吉田選手と奈良・高田商業出身の小栗選手は早稲田大学時代の同期なので、それぞれが闘志むき出しで闘っていた印象がありました。

そのチームの対戦の初戦だったこともあり、勝った方が流れを掴めるというムードもあったため、譲らない試合展開がこちらもドキドキしました。

結果は東邦ガスが④-2で勝利しますが、迫力のある試合でした。

2021 Japan Company Top8 ソフトテニス 男子 太平洋工業vs東邦ガス 第1対戦 吉田・安井vs小栗・安井

東京ガス(東京)

昨年の日本リーグ入替戦で、ついにその壁をやぶり、日本リーグ昇格を果たした東京ガス

ナショナルチームに所属する安藤優作選手、松本倫旺選手を中心に、有名選手が集まる期待のチーム。

毎試合のようにオーダーが変わり、来シーズンを見据えた試みが多く見られました。

東京ガスハイライト

全体的に苦しい試合が多く、勝ち星が重ねられなかった東京ガス。

ただ、最終日の最終戦で、太平洋工業に③-0で勝利を収めて締めくくりました。

安藤・松橋ペアがワタキューセイモアの北野・星野ペアに快勝し、また掛川・松本ペアが福井県庁の中本・阿部ペアにファイナル勝ちするなど、いつもとは違うペアリングでも、試合の中で呼吸を合わせ、粘り勝ちする姿が際立ちました。

福井県庁(福井)

昨年の日本リーグではNTT西日本に次ぐ好成績で2位につけた福井県庁。

今年加入の遠藤選手がシングラーとして起用され、品川・早川ペア、遠藤選手、中本・阿部(鈴木)ペアという、全試合固定オーダーで臨みました。

福井県庁ハイライト

初日・2日目は鈴木選手が事情により不在。

中本・阿部ペアが常に3番を務めるという展開に。

中本選手はいつもとは違う雰囲気で、プレッシャーがなく試合を楽しんでいる様子がうかがえて新鮮でした。

阿部選手も、日本リーグといえばシングルスでの登場でしたが、中本選手という大スターと組めて緊張はあったと思いますが、中本選手との試合を楽しんでいる雰囲気がひしひしと伝わってきました。

品川・早川ペアは3日間絶好調で、最終日の最終戦まで負けなしの6勝。

特に、NTT西日本のルーキーペア本倉・内田ペアとの試合はファイナルにもつれる大接戦に。

ただ、G3-0でリードしていたものの、そこからファイナルに追いつかれ、流れが完全にNTTに。笑

最後はファイナル⑦-1で勝利しましたが、どうなるかと思った試合でした。

Japan Company Top8 ソフトテニス 男子 福井県庁 対 NTT西日本 第1対戦

最後は東邦ガスの大友・安藤ペアに敗れるも、圧倒的な安定感でチームを支えました。

東邦ガス(愛知)

前回日本リーグで7位に終わり、入替戦で降格となっていまった東邦ガス。

今回は代替試合ということで出場のチャンスが巡ってきて復活に燃えており、生まれ変わった姿を存分に発揮した見応えのあるゲームが数多く見られました。

東邦ガスハイライト

/

新加入の小原選手をシングルスに起用したことで、大物前衛2人がタッグを組み、大友・安藤ペアというダブルフォワードが誕生。

最終日の最終戦、実質2位・3位争いをした福井県庁との闘いでは1番に出た大友・安藤ペアが、品川・早川ペアを④-2で破る大接戦を繰り広げました。

これこそ手に汗握る展開。

3:44:00〜 大友・安藤ペア vs 品川・早川ペア

Japan Company Top8 ソフトテニス 3日目 Cコート

また、小栗選手、鈴木選手という攻撃型後衛と、果敢に攻める安井選手の歯車が噛み合って、相手を苦しめ、全体2位という好成績で爪あとを残しました。

日本信号(埼玉)

2020年度の日本実業団リーグで準優勝という好成績でしたが、日本リーグ入替戦では惜しくも昇格権を得られず、昇格の夢はお預けになっていました。

ナショナルチームに所属の長尾選手はじめ、実力のある選手がそろっているだけに、今回、東邦ガスと同様に巡ってきたチャンスをものにしたい。

日本信号ハイライト

ワタキューセイモア戦では、齋藤・安積ペアが釘本・山本ペアとの3番勝負で見事にファイナル勝ち

また、太平洋工業戦では、チームでは0-2で負けてしまっていたものの、長尾・金子ペアが岩佐・宮田ペアに④-2で勝利

特に長尾選手のこの脱力系フォーム、なかなか真似できないし、これであんな球が飛んでくるんだから最強だよなって思っちゃう。

「脱力系✖️賢いテニス」を体現している選手だなと思います。

2021 Japan Company Top8 ソフトテニス 男子 太平洋工業vs日本信号 第3対戦 岩佐・宮田vs長尾・金子

ワタキューセイモア(京都)

東京ガスと同様、色々なペア・オーダーを試して挑戦していたチームで、固定オーダーはほとんどなく、たくさんの選手にチャンスが回ってきた、そんな貴重な大会になったのではないかと思います。

東京ガスより移籍して間もない山本選手も、今回から戦力として加わることができ、より層の厚い楽しみなチームになりました。

ワタキューセイモアハイライト

福井県庁戦では、村田・山本ペアが中本・阿部ペアにファイナルゲームの末勝利し、チームを勢いづける熱戦を繰り広げました

中本選手のキレッキレのカットサーブに最初は苦戦し、2G連取されるものの、徐々にペースを上げ3Gを逆に連取。

ファイナルに持ち込まれたものの、主導権を握り一気に突き放して福井県庁から貴重な1勝を手にしました

Japan Company Top8 ソフトテニス 男子 福井県庁 対 ワタキューセイモア 第3対戦

また、釘本・山本ペアが東邦ガス 小栗・安藤ペアにファイナル勝ち、3番勝負を決めてチームも嬉しい1勝!

ヨネックス戦では、なんとすべての対戦がファイナルゲームにもつれる大接戦で、紙一重の勝負でした。

3試合ともファイナルにいったのに全部負けてしまったのはもったいなかった!(言うのは簡単ですよね、すみません!)

ヨネックス(千葉)

なんと、今シーズンで柴田選手と桂選手が引退という衝撃。

ヨネックスから引退というより、テニス界からこんな大物ベテラン選手がいなくなると、めちゃくちゃ寂しいです。

6人の少数精鋭で練習も試合も常にギリギリで闘ってきたヨネックス。

最後のリーグはペアもバラバラで挑み、髙月選手や榊原選手でさえシングルスに出場する異例のオーダーでした。笑

ヨネックスハイライト

先にも出てきた通り、ワタキューセイモアとの3対戦はすべてがファイナルゲームの大接戦で、ヨネックスはそのすべてを勝ちきり、大きな1勝を手にしました。

桂・榊原 ④-3 釘本・山本

林田 和樹 ④-3 北野 亮介

伊藤・髙月 ④-3 大橋・垣迫

また、NTT西日本戦では、日本を代表するシングラー広岡選手との対戦ではありましたが、チームメイトの予想をはるかに上回る善戦を繰り広げた榊原選手。

試合序盤に広岡選手に不利な誤審もあり、流れを引き寄せた榊原選手。

勝負の行方はファイナルゲームへ。

広岡選手もこのままでは終われないと、執念を見せつけ粘り勝ち。

両者とも健闘を称え、爽やかな握手を交わします。

ベンチに戻りながら、おそらく安堵と悔しさの涙が込み上げる広岡選手。

こんな姿初めて見たので、相当追い詰められていたのだと思います。

3:50:00〜 榊原選手 vs 広岡選手

Japan Company Top8 ソフトテニス 3日目 Dコート

NTT西日本(広島)

日本リーグ脅威の11連覇を誇るNTT西日本。

今年は堀監督の戦略か、最後の1対戦を除き初戦からの6戦をほぼ固定メンバーで臨みました。

今年加入のサウスポーペア、本倉・内田を1番に置き、2番は不動の広岡選手、3番には超安心の村上・長江ペアが構えます

NTT西日本ハイライト

おそらく全勝優勝を目標にしてたから、本倉・内田ペアは福井県庁戦の品川・早川ペアとの対戦は悔しかったはず。

ファイナルに追いついたのに勝てなかったこと、唯一黒星をつけてしまったことは来年への糧としてつなげてくれること思います。

それ以外はすべて勝ってるので、どれがハイライトか選べないのですが、やっぱり男子は社会人でも競技を続けてる人が多いから、元ペア対決、同期対決が楽しみのひとつでもありますね。

村上・長江ペア ④-1 中本・阿部ペア(福井県庁)

本倉・内田ペア ④-1 安藤・松本ペア(東京ガス)

内本・内田ペア ④-1 長尾・金子ペア(日本信号)

2021年 Japan Company Top8 ソフトテニス 男子 第一対戦 安藤・松本(東京ガス) 対 本倉・内田(NTT西日本)

そして、最終日の最終戦ヨネックス戦にして、ようやく出番が回ってきた選手もいました。

藤井寺ジュニア、上宮と小学校から共にしてきた大阪人ペアが登場。

桂・髙月ペアも団体戦では引退前最後の試合だっただけに、気持ちが入っています。

こちらもファイナルゲームへと持ち込まれ長い試合となりましたが、リードをそのまま守り辛勝

先手を取り2番の広岡選手へつなげます。

林佑太郎・内田ペアという異色ペアは、広岡選手vs榊原選手のファイナルの熱戦を受けての登場だったので気合い入りまくりで、相手はあのヨネックスの林田・柴田ペアだったのに、まったく寄せ付けず勢いそのまま④-0で快勝。

全勝優勝は逃したものの、他を寄せ付けない強さで優勝。

おめでとうございます!!!✨

Japan Company Top8(JCT8) 最終結果(男子)

/

優勝🥇NTT西日本

7戦全勝で圧巻の強さを見せつけました。

3日間通して全勝の広岡選手、村上・長江ペアはさすがの一言

/

準優勝🥈東邦ガス

5勝2敗の好成績!昨年の日本リーグより大幅な復活!

/

/

第3位🥉福井県庁

同じく5勝2敗。東邦ガスに勝ってたら順位逆転してた。

/

/

第4位 ヨネックス

第5位 ワタキューセイモア

第6位 太平洋工業

第7位 日本信号

第8位 東京ガス

▶詳しい結果、全オーダーはソフトテニスオンライン様のブログで!

NTT西日本/ワタキューセイモアがV!!◆JAPAN COMPANY TOP8◆ : ソフトテニス☆サプリメンツ
ソフトテニス・オンライン「ぉまみ」です!今週末は日本リーグ代替大会JAPAN COMPANY TOP8@スカイホール豊田に来ています!!*無観客開催(チーム関係者のみ入場可)3日間に渡る熱戦の幕が閉じました!男子はNTT西日本が全勝優勝!女子はワタキューセイモアが

(一部結果に名前やカウントの誤りがあります。ご注意ください。)

最後に

日本リーグという、実業団選手が一番目標にしてきた1年の集大成の大会が中止になったこと、選手は相当なショックだったと思います。

引退する選手も気持ちよく最後を迎えられず、20年やってきて最後がこれかよ!ってなりかけていたときに、このような大会を開催してくださったこと、私は競技者でもチーム関係者でもないけど、本当に心の底から感謝申し上げます。

毎試合審判をしてくださった方、観客席までも消毒をしてくださった高校生の皆様、わかりやすい放送、スムーズな試合運営、とても見やすいこだわりが詰まったライブ配信、もう携わってくださったすべての方に、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

柴田選手、桂選手はじめ、今シーズンで引退される選手のみなさま、長い間本当にお疲れ様でした。

最高にかっこよかったです!!

🌸ソフトテニス関連記事🌸

JCT8(日本リーグ代替大会)がスカイホール豊田で開催!女子プレー写真まとめ

2021年締めくくり!男女6ペアが激突!ドリームマッチ姫路 レポート

国内初のダブルノックアウト方式!北広島カップ★2021年度引退選手も!

三重とこわか大会/三重国体代替大会 成年男子写真まとめ

三重とこわか大会/三重国体代替大会 成年女子写真まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました