【ソフトテニス】三重とこわか大会/三重国体代替大会 成年男子写真まとめ

こんにちは、こあら🐨です。

10月23日、24日に三重国体代替大会「三重とこわかソフトテニス大会2021」が行われました。

成年男子は21チームが参加し、3チームのリーグ戦で1位だけが決勝トーナメントに上がれる厳しい闘いの幕開け!

結果一覧:

三重県ソフトテニス連盟様HP

団体戦の全対戦オーダー・結果詳細が見られます!

成年女子はこちら👇

【ソフトテニス】三重とこわか大会/国体代替大会 成年女子写真まとめ

※許可をいただいているチーム・選手のみ写真を掲載しています

三重とこわかソフトテニス大会 成年男子写真

Aリーグ 広島・鹿児島・群馬

チーム広島🍁

NTT西日本広島単独で結成された広島。

村上選手、内田選手が三重県からの出場のため、登録された7人がオーダーを自在に変え、普段とは違うペアリングが見られることも楽しみの一つでした。

層の厚さを見せつけ、リーグ1位で決勝トーナメントへ進みます。

Bリーグ 三重・青森・福井

チーム三重🐮

NTT西日本広島の村上選手、内田選手、稲門クラブの船水颯人選手、上松選手、日体大の橋本選手という超豪華なメンバーが揃う地元三重チーム。

船水雄太選手率いる青森🍎と、中本圭哉選手など福井県庁メンバーの福井🦖と、厳しいリーグに入っていたものの、上松選手、内田選手が1試合ずつシングルスに登場するなど、激戦を勝ち抜き1位抜けでトーナメント進出を決めました。

チーム青森🍎

リーグ初戦から船水兄弟が激突する超注目カードに!

三重🐮の船水颯人・内田ペアvs青森🍎の船水雄太・渡邊ペアのファイナルの激闘を制したのは、兄!!でした!

ただ、続く2戦を落とし三重🐮には及ばずでしたが、福井🦖には②-1で勝利。

惜しくもリーグ敗退となりました。

チーム福井🦖

中本・鈴木ペア、阿部選手、品川・早川選手のザ・福井県庁なオーダーで臨んだものの、三重には0-③、青森には1-②と、このメンバーでもリーグ抜けができないという厳しい結果に。

ただ、超ハイレベルなダブルフォワード同士の対決も見られ、久しぶりの全国大会に、楽しそうな表情も見られました。

もっと試合が見たかったのが正直なところ、、、

Cリーグ 奈良・熊本・愛媛

チーム奈良🦌

阪本・根本ペア、山根・池口ペアがそれぞれチーム熊本🐴にダブルス2本でファイナルで勝ちきり、③-0で勝利。

チーム愛媛♨️にはシングルスをファイナルで落としたものの、ダブルス2本で快勝し、1位でリーグ抜け。

チーム熊本🐴で現マツダの西川・中原ペアにファイナルで勝利したあとのこの爽やかな表情!

とっても印象的でした。

Dリーグ 和歌山・長崎・北海道

チーム和歌山🍊

和歌山県庁の増田健人選手、塩嵜弘騎選手、先日学生ながらプロ宣言を発表した同志社大の上岡俊介選手、同じく和歌山出身で同大の大原選手、早稲田大の端山選手と、大学生から30代のベテラン選手までがチーム和歌山に集結。

シングルスは日本屈指のシングラー増田選手が固め、ダブルスでも国体ならではのペアリングで勝ち星を重ねて1位でリーグ通過。

Eリーグ 千葉・石川・岐阜

チーム千葉🥜

YONEXから林田選手、髙月選手、榊原選手を中心に、オーダーを変えながら対戦。

チーム岐阜⛷にはダブルス2本で勝利したものの、チーム石川🦀には一歩及ばず予選リーグで敗退。

チーム岐阜⛷

太平洋工業のメンバーが在籍するチーム岐阜。

シングルスの立木選手が2勝をマークするものの、ダブルスで他に及ばず2敗を喫してリーグ抜けできず。

Fリーグ 香川・静岡・京都

チーム京都👘

ワタキューセイモアの北野選手・星野選手・村田選手、塩田顕選手、三輪惇平選手、星野慎平選手と、サプライズ感が目立ったチーム京都。

静岡🍵には③-0で快勝したものの、香川🍲には惜しくも1-②で敗れ、決勝トーナメントには上がれませんでした。

Gリーグ 宮崎・福島・東京

チーム東京🗼

東京ガスから安藤優作選手、平井選手、掛川選手がダブルスで登場。

早稲田大高倉和毅選手がシングルスに構え、貴重な2勝をあげました。

安藤・平井ペアは2戦ともファイナルゲームを闘い1勝1敗でしたが、宮崎🥭との対戦では3番勝負で掛川・山口ペアがきっちり勝ちきってトーナメント進出を決めます。

決勝トーナメント 1回戦

三重🐮 ②-0 奈良🦌

船水・内田 ④-0 阪本・根本

上松 俊貴 ④-0 内藤慎思

橋本・村上 ー 山根・池口

最初の2本で相手に1ゲームも渡さない完全勝利で準決勝、前回大会優勝の広島との対戦へ。

和歌山🍊 ②-0 石川🦀

矢野・大原 ④-0 松本・端山

増田 健人 ④-0 寺本 隼

上岡・塩嵜 ー 粕井・米澤

こちらも最初の2本を④-0で快勝、3番に控える上岡・塩嵜ペアに出番さえも与えません。

香川🍲 0-② 東京🗼

白川・石川 3-④ 安藤・平井

米川 結翔 2-④ 高倉 和毅

丸岡・森川 ー 掛川・山口

男子決勝トーナメント1回戦はすべて②-0で決着がつきました。

この東京🗼vs香川🍲は1本目の安藤・平井ペアの3試合連続のファイナルゲームを勝ちきったのが大きかった。

準決勝

広島🍁 vs 三重🐮

1番は丸中・長江ペア vs 船水・内田ペア。

1本目からファイナルゲームへ突入する手に汗握る展開に。

地元三重県のメンバーが全員かけつけ、大応援を受けるチーム三重。

お互いがお互いを知り尽くしているだけあって、激しい打ち合いと巧みな戦略が繰り出され、ほんの少しのミスが運命を左右する試合展開。

地道に1点ずつを積み重ね、貴重な1勝を手にした丸中・長江ペア。

丸中・長江 ④-3 船水・内田

まずは広島が1歩リードします。

後がない三重は上松選手、ここで決めたい広島は広岡選手のシングルス対決。

1本目に続き、超ハイレベルな闘いになり、こちらもファイナルゲームへ。

ボールを打つ快音を響かせ、集まったギャラリーを沸かせます。

それぞれのチームで3番に控えるペアは、出番をそわそわ待ちながら試合を見つめます。

最後にマッチポイントを握ったのは広島の広岡選手でした。

ファイナルの激闘を制した瞬間はベンチに向かって大きなガッツポーズ。

広岡 宙 ④-3 上松 俊貴

チームを決勝へと進めます。

東京🗼 vs 和歌山🍊

東京🗼安藤・平井ペア vs 和歌山🍊矢野・大原ペアの1本目。

なんと驚くべきことに、安藤・平井ペアはこの大会全試合でファイナルゲームという激戦ぶり。

この大会のために組んだ即席ペアでしたが、試合を重ねるごとにコンビネーションを上げてきた矢野・大原ペア。

接戦をものにして増田選手へつなげます。

安藤・平井 3-④ 矢野・大原

貴重な1勝をあげ、やりきった感あふれるこの表情。

東京🗼高倉選手 vs 和歌山🍊増田選手の2本目。

1本目で若手が作ってくれた勢いをそのまま受け、高倉選手に隙を与えず④-0で決めるさすがエース。

高倉 和毅 0-④ 増田 健人

石川🦀を②-0で倒した東京🗼を②-0で抑え、いよいよ決勝へ進みます。

決勝

広島🍁 vs 和歌山🍊

内本・林大喜 vs 上岡・塩嵜

ここまでペアリングを自在に変えてきた広島。

今回の1番内本選手と組むのは、初日の初戦3番勝負に出場以降、体力を温存してきた林大喜選手。

同じジュニアで育ってきて信頼関係抜群のペアで臨みます。

対する和歌山🍊は、ここまでずっと3番に控えてきた上岡・塩嵜ペアでしたが、初めて1番に出場。

トーナメントに入ってから2試合、仲間の勝利のおかげで決勝まで出番がなく、この日初試合を迎えます。

試合展開は、上岡・塩嵜ペアがリードを奪い、G3-2と進めるも、内本・林ペアがくらいつき、ファイナルへ持ち込み、再度振り出しへ戻します。

ファイナルはP6-4でマッチポイントを握った内本・林ペア。

1本で決めておきたかった広島ですが、上岡・塩嵜ペアの猛追によりP6-6でさらにデュースにもつれ込みます。

ここで上宮の先輩、林選手から一言、内本選手に駆け寄る場面も。

このデュースを1回で決め、逆転勝利。

内本・林 ④-3 上岡・塩嵜

チームに1勝を与え安堵の表情。

2本目は広岡 宙 vs 増田 健人

国内トップレベルのシングラーがここで激突。

今まで何度もやってきた対決だと思いますが、大会が軒並み中止になり、かなり久しぶりの対戦ということになるでしょう。

激しいラリーでさすがの一言。

見ている人もおーーー!👏と思わず声をあげてしまう試合展開。

増田選手の強烈で巧みな一打を受け、広岡選手も拍手で増田選手を讃えるという一幕も

ただ、G3-2でリードした広岡選手は一気にたたみかけ、ファイナルに持ち込む前に決着をつけました。

広岡 宙 ④-2 増田 健人

広島🍁 ②-0 和歌山🍊

広島は2019年国体に続き大会制覇!

おめでとうございます!!✨👏

最後に、、

成年女子の記事ともかぶってしまいますが、

三重国体の直前の中止から、三重県ソフトテニス連盟の方々を始め、多くの関係者の皆さまが今大会の開催に向けてご尽力いただきました。

選手だけでなく、我々写真家やライターなど報道陣も、大会がなく悶々とした日々を過ごしておりましたので、今回の大会開催は私自身の心も満たしてくれて、復活させてくれた貴重な機会でした。

選手の生き生きした表情を見ると、テニスを好きな気持ちや試合をできる喜びを感じ、やはり試合があるからこそモチベーションが保てて、テニスができるからこそ日々の学業や仕事にも力を注げるのだと思います。

賛否両論がある中での開催だったかと思いますが、三重県ソフトテニス連盟の皆さまをはじめ、ライブ配信、結果速報、大会運営、コート整備、試合後の結果まとめ、クラウドファンディングでの資金調達など、アフターフォローまで徹底されていて、関わってくださったすべての皆さまに心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

この大会を少しでも応援したい、感謝の気持ちを伝えたいという方は、こちらのページ下部よりご寄付をお願いいたします。

1000円から応援できます!

寄付で応援する

すでにご協力いただいた皆さま本当にありがとうございます。

【ソフトテニス】三重とこわか大会/国体代替大会 成年女子写真まとめ

【2021年度】近畿高校ソフトテニス選手権 個人戦 男女結果まとめ

【2021年度】近畿高校ソフトテニス選手権 団体戦 男女 結果まとめ

【ソフトテニス】関西の大学生集結!College Open 2021!結果プレー写真まとめ

【ソフトテニス】ミズノオープン2021!最強8ペアのプレー写真集!

【ソフトテニス平和カップ】2021初の団体戦!プレー写真集(女子)

コメント

タイトルとURLをコピーしました