【PC初心者向け】WindowsからMacに切り替えたばかりの初心者が、Macのメリット・デメリットを語る

こんにちは。

8月10日にMacbook Airを使い始めたばかりでウキウキのこあらです🐨

WindowsかMacか、どっちにしようか悩む人って多いですよね。

私もそうでした。

中学生からずっとWindowsしか使ってこなかったので、Macにするのはだいぶ勇気が要りました。

ただ、Macに変えてよかったです!

でもデメリットもあります!

この記事ではこんな悩みや疑問にお答えします

・PCを買い換えたいと思っている

・WindowsかMacか悩んでいる

・Macに変えてみたいけど、使いやすいのか、自分に合うかわからない

・実際にMacに変えてからどう変化したかが知りたい!

・PCにはあまり詳しくないから専門用語はあまり使わないで欲しい

私は、エンジニアでも、PCオタクでもないのでそこまで詳しいことはわかりませんが、自称「PCにはあまり詳しくない」という方、同じ悩みを抱えている皆様のヒントになればと思います。

できるだけ、同じ目線でお話しできるように心がけます。

Macにしてよかった!WindowsにはないMac PCのメリット5つ

バッテリーの持ちが最高!

あーーもうこれは最高ですよ。

Macを買って良かったと思う瞬間第1位。

今まで使っていたWindowsのPCが悪すぎたのかもしれませんが、私が使っているMacbook Airは、3日間充電しなくても90%以上残っています

1日中(8時間ぐらい)使っても、50%残ってるとか凄すぎる。

最近のPCはこれが普通なの?

もうびっくりしました。

仕事柄、結構持ち運びするので、軽いしバッテリーも長くもつって本当に最高。

ちなみに今まで使っていたWindowsのPCは、新品当初でも3-4時間ぐらいしかもちませんでした

人によって何を重要視するかは異なりますが、私にとってはこれが一番大きい。

すごくストレスフリーになりました。

Apple製品同士でAirdropができる!

バッテリーと同率1位のMacのメリットはAirdrop!!!

カメラマン兼ブロガー、趣味が動画編集なので、これは特にありがたい機能です。

どういう時に役立つかというと、撮った写真をすぐにケータイからPCへ移したり、PCで作った動画をケータイに送ったり、という作業です。

一眼レフで撮った写真なので容量も大きいし、動画はメールで送るのには時間がかかります。

今までWindowsを使っていたときは、今目の前にあるiPhoneに写真や動画を送りたいだけなのに、Google photoにアップデートしてダウンロードしたり、USBケーブルを繋いだり、メール添付して送ったり、と本当に手間も時間も掛かったんです。

でも、まったく同じ作業(写真や動画の転送)を、Airdropで瞬時に送れるって本当に神業です。

めちゃくちゃ助かってます。

これもストレスフリーになりました。

Macは、iPhoneやApple製品と同期ができるので、データの管理や保存も自動的に行ってくれます!

起動・操作がサクサク!

電源をつけてから、起動が本当に速い!

そして使い終わった後も画面をそのまま閉じても大丈夫!

次に開いた時にはまたすぐに続きから作業を始められるので、起動するまで待つ時間もないし、待ってる間の焦りやイライラもないですw

マウスが不要で、指2本で上下スクロール、戻ったり進んだりできるトラックパッド(マウス代わりになるキーボード下のパッド)で操作が本当にスムーズに進みます。

これを使い始めると、マウスには戻れないですね。

ウィルス対策がそこまで必要ない

Windowsでは、ノートンとか他のウィルス対策ソフトをインストールしていた人も多いと思います。

しかし、Macでは元々入っているセキュリティ対策「ファイアウォール」で十分だとされています。

購入されたらすぐ、「ファイアウォール」を有効化し、Macのソフトウェアを常に最新のものに更新しておけば、概ね大丈夫だと思います!

ネットの変なページにアクセスしたり、スパムメールのURLをクリックしたり、ウィルスの入ったPCからのUSBを使ったりしなければ!

理由は、現在日本国内のPCのシェアはほぼWindowsユーザーが9割を占めており、ウィルスもWindowsのPCを狙ったウィルスが多いそうなんです。

Macを狙ったウィルスが少ないからと言って油断は禁物ですが、ウィルス対策にそこまで入念にならなくていいという感じです。

最後に、やっぱり洗練されたデザイン、かっこいい!

Macが家に届いたときの感動は忘れられないです。

めちゃくちゃシンプルで、開けたら光沢のある新品ピカピカの、手触りなめらかな表面。

MacのPCを持っていると、何か「イキってる」とか「ナルシスト」みたいに思われるんですが…

別に私はカフェでドヤ顔をしたいからMacにしたんじゃなくて、バッテリーと持ち運びとAirdropができるから!っていう理由でMacにしたんだよ!って声を大にして言いたい!笑

でもこのスティーブ・ジョブスのこだわりに惚れますね。

マジで無駄な要素がひとつもない、かっこいいデザインです。

慣れるまでめんどくさい。Mac PCのデメリット5つ

Word、Excel、Power PointなどMicrosoftのOffice製品が入っていない

Windowsなら当たり前のように入っている、Word、Excel、(Power Point)。

これが、Macでは入ってないんですよ。

そのため、PCを会社の仕事用として探している方なら、Macでも問題がないか先に確認したほうがいいです。

別に、MacにしてもWindows仕様にすることはできます。

つまり、MacにもWindowsで使っているようなWordやExcelをダウンロードすれば、問題なく使えるようになります

が、ダウンロードや設定の作業が少しめんどくさいかも。

MacにMicroOfficeのソフトをインストールする方法

https://www.e-soft.net/help/office2019mac

/

私はブログを書くだけで、特にExcelなどは使わないので、MicrosoftのOfficeがないというのは特にデメリットにはなっていません。

WindowsではWordにブログ記事をベタ打ちしていましたが、今はメモや「Pages」というアプリに打っています。

不自由な点といえば、メモには文字数カウントがないところですかね…

Pagesだと文字数カウントもあるしWordみたいに表の挿入もできてフォントも変えられますので何ら問題もありません。

大学生でも、レポート課題などをWordで提出する場合、文字数は超重要な項目だと思います。

そんな時は、WordだけでもMicroOfficeのソフトをインストールしてみてもいいと思います。

総じて、Macはプライベート・趣味に使うにはおすすめですが、会社用PCにはお勧めしません。

次項に続きます。

プリンターに繋げない

なぜ会社用にはおすすめできないかというと、特に会社がWindowsの環境で、PCからよく資料を印刷したりする場合は、Macは会社にあるプリンターに繋げないことが多々起こります。

どうしても会社でMacのPCを使いたいというのであれば、Macで作成した資料をUSBに移し、そのUSBから印刷するように工夫すれば大丈夫です。

しかし、それもまた手間がかかりますよね。

スピードが必要とされる仕事では、かなり不都合です。

会社で使ったことがないので、なぜつなげないかは理由はわかりませんが、印刷の画面からプリンターを選ぶ設定画面に行っても、プリンターが検出されないんですよね。

なんでだろう。

キーボードのボタンの位置が違う

これは使い始めてすぐ慣れるまで時間がかかるだけで、慣れたらそこまで大きな問題になることはないと思います。

・Control+Cでコピー

・Control+Vでペースト

・Control+Aで全選択

というようなショートカットキーが、Macでは

・Command(コマンド)+Cでコピー

・Command+Cでコピー

・Command+Vでペースト

・Command+Aで全選択

というふうに変わります。

位置が違うので最初は戸惑いますが、慣れれば大丈夫です。

また、画像の保存やスクリーンショットなど、Windowsでは比較的簡単にできていたことが、若干操作が1つ増える場合があります。

これも、やり方を調べたらすぐ出てきますし、慣れればすぐです。

USBポートがない!

バカなことに、私はこれ、製品が届くまで気づかなかったんです。

USBが挿せない!ということを…笑

Macユーザーは、USBを使う場合は、別売のUSBコネクターを使用しています。

USBをよく使う方はそちらも一緒に購入されることをオススメします。

本体価格が高い。

Macの購入を悩まれている方で、購入に一歩踏み出せない大きな理由は、「価格」ではないでしょうか。

メモリやストレージにこだわれば20万…

決して安い買い物ではありませんよね。

正直、Macでないと絶対にダメ!!っていう機能や理由がない限り、Windowsでいいと思います。

WindowsはMacと同じぐらいのスペックでも格安で購入することができます。

つまり、Macは一つのブランドのようなもので、Windowsと中身はそこまで変わらないのに、割高なんです。

お化粧品のDiorやCHANELのように、ブランドをお金で買うようなもんです。

PCで動画を見たり、文書や資料を作成したり、ネットサーフィンしたり、Windowsで問題なくできていることをわざわざMacに変える必要はないと思います。

動画編集やAppleとの互換性、バッテリーのもちを重要視されるなら、ぜひMacに乗り換えて、サクサク感を体験していただきたいです。

まとめ

PCを買うって、人生において結構重要な決断ですよね。

ネットで調べまくっても、何が自分に合っているのかわからない、と結局どうでもよくなってしまうこともあります。

私も購入したいと思ってから実際に購入ボタンを押すまで、3ヶ月くらいかかりました。

そのくらい悩みました。

ただ、買ってみればもう後戻りできないので、目の前にあるマシンを使えるようになるように努力し始めます。

使えないと不自由なので、使えるようになるまで調べたりします。

すべて揃っているものってなかなかありません。

一人暮らしの物件を探すとき、「駅チカ」「カウンターキッチン」「オートロック」「宅配ボックス」など自分の希望する条件が全て合う物件はめちゃくちゃ家賃高い!っていうのと同じように、すべてが叶うものは手に入りにくいのが現実です。

何を妥協するか、何を重要視するかをはっきりさせて、何が何でもMacが欲しいなら、値段には目をつぶるとか、Windows仕様にして会社で使うとかいうことを工夫しましょう。

新しいPCライフを応援しています!

/

【意外と知らない】学生や教職員・教育機関の関係者が新品のMacbookを格安で購入できる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました