【超望遠レンズ】軽くてコスパ最強!ライトバズーカ SIGMA 100-400mm 感想

こんにちは、フリーランスフォトグラファーのこあら🐨です。

400mm以上のレンズを試してみたい!って方に、「超望遠レンズ」の実写レビューを書きました!

カメラは1から独学で続けてきたので、専門用語はほんとにわかっていません!

なので、できるだけ私と同じレベルの人の役に立てるようにわかりやすく解説したいと思います。

超望遠レンズSIGMA 100-400mm F5-6.3 DG(キャノン用)

コスパ最強!Canon純正のレンズの半額以下!

まず、私が持っているカメラボディは、CanonのEOS Kissx9i

(めっちゃ初心者用やん!って笑った人!そうだ、その通りだ!だって安いし軽くて使いやすいんだもん!)

アスリートのフォトグラファーをしているので、望遠レンズは絶対的に必要だったんですが、400mm以上のレンズほしい!って思ったときに値段調べたら、300mm以下とは比較にならんほどボンって値段跳ね上がるんな!あれなんで?笑

300mmまでの望遠レンズはCanonだと1万〜1万2,000円とかなんですが、純正のCanon 400mmになると、20万ぐらいすんのな!!!あれなんで?笑

SIGMAだとそれが、同じ超望遠でも8万弱とかなのよ、半額以下!

しかも特にアダプターとか要らんし、「超望遠」を試すなら純正である必要はないと思い、SIGMAに目をつけました。

ちゃんと持っているボディに合うか確認必須!ハマるか不安

ただ、いわゆるサードパーティ(SIGMA:シグマやTAMRON:タムロン)メーカーのレンズが、本当にCanonやNikonのボディに合うのか!ってことがすごく不安だったんです。

だから、不安な人はいきなり購入するのではなく機材レンタルもあり!

(ここまで完全に独学できたので、知識はまじで素人で、フルサイズとかAPC-SとかEFマウントとか専門用語にほんとに弱くて、「Canon用」って書かれてても本当にハマるのかなってドキドキしました。)

GooPassってところで1ヶ月レンタルしてみて(月額1万ちょい)、しっかりCanon EOS Kissx9iになんとかハマってくれて一安心でした。

カメラレンタルのGooPass(グーパス) – 旅行にもおすすめの月額制入れ替え放題サービス
1000種類以上の人気機材をフラッグシップ機も入れ替え放題、複数プラン利用なら組み合わせも自由!最新のミラーレス一眼、交換レンズ、ドローンやアクションカメラなどWEBで簡単予約&ご自宅までお届け、返却期限なく、何回でも入れ替えレンタル可能

軽さが推し!SIGMAの超望遠は「ライトバズーカ」 !

普段、Canonの標準レンズ(18-55mm)と望遠レンズ(55-250mmと75-300mmの2本)を使っていると、いきなりこのレンズ持ったら「おっっも!!!!」ってなったw

ライトバズーカと言われているものの、持ってみると意外と重い、、、

実はこのSIGMAのレンズは1.1kgで、純正Canonレンズは1.6kgもするらしい。

純正レンズを使うなら一脚がないと無理よ、ほんとに。

レンズで500g違うって相当な感覚の違いになるはず。

iPhone1台分ぐらい違うってことだからね。

この軽さのおかげでSIGMAの100-400mmは「ライトバズーカ」って呼ばれてるらしいんですが、、、意外と重い。

Jリーグの試合を先日撮りに行ったんですが、手首腱鞘炎になりそうでした。

純正レンズ使ってたら、撮るのあきらめてたかもって思いました。笑

持ち運びを考えたらやっぱり軽い方がいいですよね。

安くて軽いなら、そこまで純正にこだわる理由はないのでは?と思いました

Canon純正250mmとSIGMA 400mmを実写で比較!

よし!では実際に撮影した写真で違いをみてみましょう。

写真内の赤丸人物の大きさを比べてみてください。

上:

もともと私が持っている「Canon純正55-250mm」で、一番望遠側限界で撮っています。

下:

SIGMA100-400mmの望遠側限界で撮っています。

下の写真の被写体の大きさは、上よりも1.5倍ほど大きく映っているでしょうか。

どちらもこのようなスタジアムの観客席前方から5列目から撮影しています。

👇はiPhoneで撮影。

👇SIGMAのレンズで試合を撮影しました!

250mmだったら撮っても小さくしか映らない選手も、400mmなら顔の表情までとらえます。

iPhone SE2 とSIGMAの超望遠 400mmを実写で比較!

次に、iPhoneとSIGMAの超望遠400mmを比べてみます。

iPhone12Proとかだったらもっと綺麗かもしれませんが、これがiPhone SE2の画質の限界です(ズームなし)

経験したことがあると思いますが、ズームするともうすごい画質粗くなりますよね😂見てられない😂

ソフトテニスという競技で、観客席から試合を撮っています。

で、次の3枚がSIGMAの100-400mmの望遠の限界で撮ったプレーヤーです。

iPhoneで撮影した同じ位置から、ネットを挟んだ向こう側にいる(逆サイドの)選手を撮っています。

iPhoneの写真では、向こう側の選手は顔やユニフォームのデザインなんて全く見えませんが、超望遠で撮ると顔の表情もラケットの色も、ユニフォームもはっきりわかります

ボールを打った瞬間の表情、ボールの動きまで逃しません。

そして、ペアで真剣に話し合っている様子も超望遠ならはっきり捉えます。

以上、SIGMA 100-400mmの撮影レビューでした!

今お持ちのボディとレンズがちゃんとハマるか注意して確認してくださいね☺️

Canon用👇

いきなりのレンズ購入は不安、今月は予算が、、、って方には。月額でレンタルできるサービス、GooPass(グーパス)もおすすめ。

新品で買えば8万円、中古でも6万円もするSIGMAの400mm望遠レンズですが、月額1万円ちょいで借りられる。

合わなかったら1ヶ月で返却すればいいし、気に入ったら購入すればいい。

そんな都合のいいわがままなことができるレンタルサービス。

カメラ・PCの関連記事はこちら👇

【使ってみた】カメラ機材レンタル GooPassの賢い利用方法と口コミ

【一気にレベルアップ】カメラ初心者でもiPhoneでもキレイな写真が撮れるコツ

【初心者向け/簡単】スポーツや運動会の写真を失敗せずかっこよく撮れる設定

【専門用語ナシ】初心者におすすめのカメラ(一眼レフ/ミラーレス)選び方5つ

【完全無料】素人でも本格的でおしゃれなポートフォリオが作れる!Strinkinglyの使い方手順

【知らなきゃ損】メルカリで一眼レフカメラを買うときの注意点5ヶ条!買ってみた感想

【カメラマンになるには】フリーランスで働きたい人の初めの一歩!仕事を得るための営業と種まき

【損したくない!】Macbook(新品・中古)を格安で買えるお得な方法・サイト5選

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました