【オンライン結婚相談所】エン婚活の入会準備!つまずくポイント3つを解説!

こんにちは、こあら🐨です。

「エン婚活」シリーズ第3弾です。

今回は、入会を前向きに考えている方に向けて、まず第一につまずくであろう「事前準備」について解説します。

細かいことは公式HPにも載せてくれていますが、利用者目線で特に苦労した・面倒だった3点を主に紹介します。

気をつけたい「エン婚活」提出書類

独身証明書や戸籍謄本(とうほん)よりも戸籍抄本(しょうほん)を!

本来、「独身証明書」が必要ですが、必ずしも「独身証明書」である必要はありません

どういうことかというと、私個人的な考えとしては市役所に「独身証明書」の申請に行くのが恥ずかしかったので代用可能と書いてあった「戸籍謄本」の申請に行きました。

戸籍謄本/抄本は、広く公的な手続きに使われる書類なので、特に疑われたりとか恥ずかしがったりする必要はありません。

どちらも市役所の市民課/住民課みたいなところでもらえます。

1通200~300円程度。

では戸籍謄本抄本のどちらがいいのかと言えば、どちらも戸籍の原本のコピーなのですが、

戸籍謄本「こせきとうほん」はその戸籍に載っている全員分の情報

戸籍抄本「こせきしょうほん」はその戸籍に載っている一部抜粋

とお考えください。

これを私はわかっていたにも関わらず、「じゃあ家族全員分載ってるほうがよくない?」と私は勘違いして戸籍謄本をいただいて帰ってきました。

ところが「エン婚活」に提出する情報は、完全に入会する自分の情報だけでいいので、家族の情報・不要な情報はすべて黒く塗りつぶして提出する必要があります

それを知ったのは市役所で戸籍謄本を受け取ったあとでした。

あれ、3ページもあるんだけど、、

これ全部写真撮って(またはスキャンして)提出しないといけないのかな。と不思議に思ったのでエン婚活の事前準備の提出書類を調べてみたんです。

遅すぎた笑

名字・名前・本籍地など自分に関係ある情報だけを残し、それ以外はPCで黒塗り加工して(真っ黒のテキストボックスを貼り付けただけ)見えないようにして提出しました

無事、承認がおりました。

このような手間を最初から省くために、自分の情報だけが載った「戸籍抄本」を取得することを強くおすすめします!

転職・退職した人は要注意!収入証明書

こちらもトリッキーです。

新卒で、ずっと同じ企業で働いている人は特に問題はありません。

通常は、源泉徴収票か給与明細を提出して収入の証明になります。

プロフィール欄には特に細かい金額が表示されるわけではなく、

0~50万/50~100万/200~400万/400~600万

みたいな感じで分類されて表示されます。

これはマッチングアプリでもほぼ同じシステムですね。

ただ、マッチングアプリには収入の証明がありませんので、いくらでも虚偽の設定はできるわけです。笑

そして収入証明書の問題になる人は、近年転職した人、退職した人です。

私は転職してから10ヶ月後にエン婚活に入会したのですが、手元にあった源泉徴収票が前年度3ヶ月分の源泉徴収だったので、そこから計算されて、自分が最初に設定していた収入額と差異があったことから、50~100万に格下げされてしまったのです。笑

ただ、自分の手元にあったのが源泉徴収票だっただけで、その月の給与明細がすぐに提出できる状況であれば特に問題はありません

私も給与明細を再提出すればプロフィールは修正してもらえます。(めんどくさくてしてない。)

提出できるものがなければ0~50万に設定されてしまいます。

かなり致命的なので注意したいですね。

最難関はプロフィール写真かも!

マッチングアプリの何倍も、写真の設定はかなり苦労します!

・本人のみが写っているもの

(マッチングアプリではOKみたいな、友達の写真をスタンプで隠すのもだめ)

・頭から胸元まではっきり写っているもの

・横顔や斜め向きもNG

・帽子をかぶっているもの、サングラス、マフラーもNG

・手が顔にかかっているもの(ピースサインなど)もNG

つまりこれらの条件を満たすものは、誰かに撮ってもらったソロの写真しかないわけです。

アプリで加工したものとか、うさ耳ついたものは即アウトです〜

まずはこれを最低限クリアしないといけません。

ひとつでも引っかかっているものがあれば何度も再提出の必要があり、これが一番しんどかった。

だってそんないい写真持ってないし。

写真がないとマイページさえも作ってもらえないんですもん。

お相手探しさえもできないんですもん。笑

さらに、結婚相談所でいかに本気かを相手にアピールする必要があるみたいです。

そのためには、ちょっとしっかりめなシャツとかスーツとか、女性ならスカートとかブラウスとか清楚なファッションで、スタジオのカメラマンさんに撮ってもらっている人が多いです。

これは条件ではないですが、よりよい結果を出すためにはやはり入り口である「写真」にはある程度こだわったほうがよさそうです。

おまけ!学歴証明書

最終学歴の卒業証明書か、もしくは卒業式でもらった卒業証書を提出します。

おそらく最後に卒業証明書を提出したのは新卒の入社のときですか?

転職をした方なら使ってるかも?

高校・大学・専門学校の事務センターに連絡をして(もしくは学校のHPより)所定の方法で申請をして郵送、もしくはPDFでデータを送ってもらいます。

卒業証明書は1日でできるものではないので、3、4日かかるものと思っておいたほうがいいです。

郵送ならさらに追加で日数がかかります。

結局データで提出するので、データでもらっておいたほうが便利だと思います。

学校側に申請するのがめんどくさい方は、卒業式以来目にしていない「卒業証書」をひっぱりだしてきましょう。

それを写真撮って、もしくはスキャンして提出します。

学校名と本人の名前が載ってたら多分OK。

以上!結婚相談所に入ろう!と決めたはいいけど入会手続きで挫折しないようにする応援ページでした!笑

あきらめないで!

【比較】オンライン結婚相談所「エン婚活」とマッチングアプリの違い

【オンライン結婚相談所】アラサー女子がエン婚活3ヶ月!ズバリ感想を言うよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました