【オンライン結婚相談所】アラサー女子がエン婚活3ヶ月!ズバリ感想を言うよ!

こんにちは、こあら🐨です。

もうすぐ三十路なのですが、、

仕事場に出会いもない、コロナであんまり外食もできない、出かけられない、周りの友達は続々と結婚・出産してるし、焦りが出てきたんですよね。

この記事を読んでくださいっている方も同じ状況の方が多いと思います。

特徴1:田舎には優しくない!対応してないエリアがある!!

この「エン婚活エージェント」はオンライン結婚相談所のカテゴリーで、お客様満足度とか成婚率とかが1位なんですが、そこには落とし穴が!

/

 

実は全国各地の人が利用できるわけじゃないんです。

これはエン婚活の公式サイトのスクショなのですが、なんと、四国や北陸、東北の一部、九州の一部地域は「今後サービスを拡大していく」と書いています。

 

入会しても紹介が保証されない、もしくは登録さえもできないのかどちらかは定かではないのですが、田舎の人間には優しくないシステムなんです。

いつだってそうだ。

都会に住む人たち中心のサービスばっかりなんだ。

私は現在居住地が和歌山なのですが、やっぱり地元でのご縁を見つけたいので「和歌山」でしぼるのですが、年齢制限も、年収の希望も設定していないにもかかわらず、和歌山の登録者は20名にも満たないのです。

登録のタイミングにもよると思いますが、これが東京だったらなんと2000人以上いるんですよ。

大阪は700人、隣の和歌山県の35倍の登録があるんです。

田舎ってだけですごく損してる気分。

それでこんな悪循環が生まれるんです。

 

じゃあ「和歌山」に絞るんじゃなくて「大阪」もチェック入れよう!😎

お互いマッチしたとしたら🤗

結局会うとなったら大阪まで電車で出て行かなくちゃ😂

大阪は感染リスクあるよねー、出て行きたくない😩

みたいな。

感染者が少ない地域に住んでいる人ほど?感染の多い地域に出ていくことが怖いし億劫になる

特徴2:入会手続きがちょっと面倒な分、それを乗り越えた真面目な方が多い!

マッチングアプリだと、身分証明書と写真、男性なら月会費の支払いなど必要最低限の本人確認がマストですよね。

マッチングアプリのいいところは、誰でもさくっと始められるところ。

その分、すでに恋人持ちの人、既婚者、なんなら子持ちの登録者だっています。

せっかくマッチングしたのに、無料会員のままだからメッセージが続かなかったり、遊びの感覚で登録していたりと、本気でマッチングアプリに向き合っている人たちのやる気をそぐような出会いばかりですよね。

結婚相談所ならそのようなことはありません。

契約前に身分証明として「独身証明書」もしくは「戸籍謄本」を提出する必要があります。

独身証明書なんて役所に取りにいくのすごく嫌ですよね。

だから戸籍謄本でも許されています。

また、提出する写真に関してもかなり厳しい条件があります

・帽子をかぶっていないもの

・片手でピースサインをしていない、物(グラスや食べ物など)を持っていない

・周りに人が写っていない

・加工アプリを使っていない

・自撮りではない

など、マッチングアプリで使っているような写真では即刻アウトです。

なので、人に撮ってもらったり、スタジオで撮ってもらったり、スーツでピシッと決めたカタログのような写真がずらりと並んでいます。

就活みたいだよ、、、

☝️すなわちこれはアウト!笑

基本的には、契約前の提出物が一番めんどくさいです。

そのめんどくささを乗り越え、審査を通り、真剣に向き合う人しか集まってないんです。

まじでもうマッチングアプリみたいな屈辱を味わいたくない!って方は試してみてもいいかも!

特徴3:コンシェルジュはいるけど、自分から動かないと何もしてくれない

来店不要で、リモートでできて、今の時代に合っているといえば合っているのですが、会って色々話を聞いてもらいたい、アドバイスをもらいたいという方には少々もどかしいシステムですね。

たまにコンシェルジュからメールが届くんですけど、「登録から1ヶ月経ちましたね、進捗どうですか~?」とか「8月の不在日のお知らせ」とかいう定型文のメールが入っているだけ。

それは当たり前のことで、特にこちらから行動してないし、問い合わせてないし、助けてっていったわけでもないし。

実際、登録して3ヶ月経って、まだ誰ともコンタクトも取ってないし、マッチングもしたことないので余計にコンシェルジュに頼ることもないんですよね。笑

特徴4:自分で探すだけでなく、毎月6名の紹介がある

もちろん自分から、年齢/居住地/年収/喫煙禁煙/結婚歴などを絞って検索できるのですが、それ以外にも毎月6名の紹介があります。

関西に住んでいる人は、関西の2府4県の会員から、水曜日に2通ずつほど紹介状が配信されます。(毎週水曜ではなく、隔週だったりして、1ヶ月に合計6件届く)

この紹介状は年収や結婚歴は自分の条件と合致していない可能性がありますが、一応、エリアはおおよそ合致しているという会員のプロフィールが届きます。

自分で探すのがめんどくさくなってしまっても、定期的に配信されるのでそれで条件に合えばそれがご縁につながったりします。

特徴5:返金制度はあるけど細かい条件がある

返金制度があるということはすなわち、ある程度自信のあるシステムを提供しているということです。

安心といえば安心なのですが、何点か、その制度を使うためには満たしていなければいけない条件があります。

全員が全員、3ヶ月以内にうまく行かなかったからといって返金が受けられるというわけではありません

特徴4でお話しした、毎月送られてくる6名の紹介状に対して、最低1名はYESの回答をする(会うという意思表示をする)必要があります。

※詳細はHPでご覧ください

https://en-konkatsu.com/repayment-rule/

正直、結局めんどくさくなっちゃう!

自分の家のWi-fiが悪いのかPCが悪いのか知りませんが、さくさく動かないのがまずは1番のめんどくさポイント

なんでだろう、スマホのアプリに慣れてしまっている今、ウェブページでさくさく進まないページはもはや「重い」とか「遅い」って思ってしまうのも無理はないと思う。

写真のデータが重いのかわかんないけど、1人ずつプロフィールを覗いていくことに時間がかかり、なんだか同じようなプロフィールを読むのが疲れてきて

たぶんですけど、コンシェルジュさんがその人のことを書いてらっしゃるプロフィールがたまにあって、

 

この方は大変温厚で、笑顔から人の良さが伝わってきます

 

仕事に対する情熱が感じられ、意欲を持って取り組まれています

 

休日はアウトドアもインドアも楽しまれバランスのよい生活を送られています

みたいなね、当たり障りのない紹介文が書いてあるんですよ。

なんというか、そりゃいいとこしか書かんでしょ。って思っちゃったり、やっぱり会わなきゃわかんないよねって思ったり、みんなだいたい同じこと書いてるやんって思ってしまったり。

でもそれは同じく、反対の立場になっても同じこと思われていると思います。

男性側も女性側のプロフィールを見て、同じような感覚になってるんじゃないかなと。

見れば見るほど、「やっぱり自然に出会いたい!」って思いが強くなる

 

だからこそ、こんな婚活やめて、「普通に、自然に、出会いたい!!」って当たり前のことを思い出しました。笑

普通に自然に、学生時代やバイト先、職場で出会えてれば、今ごろ結婚相談所なんか入ってないよ!ってことですよね。笑

それができなかったからマッチングアプリとか婚活をしているわけで、、、

どこで間違ったんだろうと思う毎日です。笑

まとめ

結局登録したものの、まったくやる気が出ないのでそろそろやめようかなと思っています。

ただ、たった3ヶ月の活動でしたが、もう少しお伝えしたいことがあるので「エン婚活シリーズ」を投稿しようと思います。

ぜひ興味のある方は続きもお読みいただければ嬉しいです。

比較オンライン結婚相談所「エン婚活」とマッチングアプリの違い

【オンライン結婚相談所】エン婚活の入会準備!つまずくポイント3つを解説!

海外在住者の婚活体験★実態を知りたい!!結婚相談所ってどんなところ?アイエグゼさんの無料カウンセリングに行ってみた。

【知らなきゃ損】婚活マッチングアプリで、男性が女性から「いいね」をたくさんもらえる方法!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました