観光編★フィジーの観光地、デナラウってどんな街? 離島への玄関口

Bula!🍍こあらです🐨

 

いつもご覧いただきありがとうございます!!💕  

 

今日はナンディの観光地、デナラウについてご紹介いたします!

(2019年10月更新)

 

1. 各所からデナラウまでの行き方

 

まずは何名かから問い合わせがあったナンディ空港からデナラウまでの行き方について

 

① ナンディ空港に到着したら、空港から大通りを向かい側に渡ってナンディタウン方面のバス停からナンディタウン行きのバスに乗ります

運賃は1.1ドル(約70円)

バスの前方の窓には「NADI-LAUTOKA」とか書いてあります。

これはナンディとラウトカ往復のバスなのでこれに乗ってください😉

(空港前を通るバスはほとんどナンディタウンへ向かいます)

 

② バスに15分~20分ほど揺られ右手にNadi Muslim College(ナンディムスリム)という白いムスリムの学校が見えたらその次のバス停でおります。

ボタンやひもでベルを鳴らしてください。

 

③ デナラウへ続く道とQueens Road(クイーンズロード)の交差点があるのでそこを過ぎてすぐのバス停でおりましょう。

(バス停に名前はありません笑)

 

降りるあたりにはNadi Primary School(ナンディプライマリースクール)という小学校が見えます。

場所がはっきりわからないときはバスのドライバーに

「I want to go to Denarau」(デナラウに行きたい)

もしくは

「Nadi Primary School」(ナンディプライマリースクール)

といって前の方に座っておくと声をかけてくれると思います。

 

④Nadi Primary School前の広場でこの黄色いWestbusを待ちます。

 この色のバスはすべてDenarauに続いています。

このバスで15分ほど乗っていくと左右にゴルフ場が見え、途中でなだらかな川を渡り、デナラウエリアに入っていきます。

運賃は2~3ドル(約100円~150円前後)

 

バスで行くのが不安という方は、タクシーでもそんなに高くないのでおすすめです!

空港からデナラウまで、タクシーだと15分で、15ドル前後(800円から1000円)。

30ドルとかはぼったくりなので、まずはタクシーに乗ったら、メーターをつけてくれているか、もしくはデナラウまでおよそどのくらいか聞いてから乗りましょう!

移動編★フィジーの交通事情 バス、タクシーの使い方

 

こちらのバスはデナラウ行きと書いていますが、従業員専用とのうわさがあります。間違えないようにしましょう。

 

2. 食事・レストラン

 

基本高め、観光地価格です。

お客さんも結構欧米系の方が多いイメージです。

 

チキンエクスプレスやHard Rock Cafe、バーやレストランなどがあり、比較的遅くまで営業しています。

こちらはHard Rock Cafe!

一口サイズ大のハンバーガーが3つ並んでおしゃれで食べやすかったのですが全部同じ味…笑

港を臨めるテラス席!

サンドイッチやパスタがいただけるレストラン!

   

デナラウから10分ナンディ方面にでると、もっとお安くローカルなレストランがあります!

食べ物編★ナンディ おすすめカフェ・レストラン 20選

デナラウにこだわらない方は是非チェックしてみてください!

 

3. ショッピング

 

デナラウといえばこのショッピングモール、「Port Denarau(ポートデナラウ)

Jack’sが入っており、おみやげは一通りそろいます。

ただし、Pure Fijiは置いていません。

Manuka Honey(マヌカハニー)というはちみつ性のボディケア用品も人気です!

2019秋最新版!フィジーのおすすめジャンル別おみやげ特集 15選

他に、薬局、スーパー、おみやげ屋、マッサージなどの店舗があり、さっきあげたレストランもこの中に併設されています。

ビーチ用品が取り揃えられているRIP CURLやアウトレット店なども!

 

4. デナラウポート(港)

離島に出る船がこの港から出ています。

 

朝8時から9時ごろのチケット売り場は結構混みあってます。

デイクルーズや1泊2日の旅が続々と出航していきます。

 

5. 両替、ATM、病院

両替所はありますがレートはタウンよりも高めです。

※先ほどのHard Rock Cafeの向かい側

 

病院はシェラトンホテルの向かい側に、Zens Medical Denarau(ゼンズメディカルデナラウ)というこじんまりとした綺麗なクリニックがあります。

診察料は観光ビザの場合は160ドル(約8,000円)ぐらいになってしまいます。

 

病気やケガで病院にお世話になる場合もあると思いますので短期間の旅行の場合でも必ず海外旅行の保険に入っておきましょう!!

 

6. ホテル

Hilton、Sheraton、Westinなどリゾートホテルが軒を連ねています。

 

Sheratonの近くにはBulaccino(ブラッチーノ)というカフェがあります。

Sheratonのホテルレポートは下記をご覧ください☟

 

観光編★フィジーのホテル紹介 シェラトンに泊まってみたの巻

 

こっちも読んでね💁

観光編★フィジーで話題、大人気のタピオカ屋さん

観光編★フィジーでの写真撮影 ~海と空とヤシの木と~

観光編★フィジーのホテル紹介 Tokatoka Resort Hotelの巻

生活編★フィジー第3の都市 ナンディってどんな街?

観光編★マロロアイランド デイクルーズ

観光編★フィジーの楽園 絶対に行ってほしい!マラマラアイランド(Malamala)

 

1-0. フィジー情報1-2. 観光編
スポンサーリンク
こあらをフォローする
こつこつ こあら

コメント

タイトルとURLをコピーしました