【比較】スマホのガラスコーティングと保護フィルムどっちがおすすめ?4年目でついにガラスコーティングが割れてしまった話。

こんにちは、こあらです🐨

スマホを持ち始めて9年。

初めて画面がバキバキに割れてしまったのです・・・。

(9年間で、ここまで画面が割れたのは初めてです。すごくないですか??笑)

しかも、5000円の、両面のガラスコーティングを施してあるのに。

そう、今日はガラスコーティングも割れるんだよっていう話です。笑

でも、それでもなお、保護フィルムをするならガラスコーティングのほうがおすすめだよって矛盾した話です。

ガラスコーティングは「絶対」ではないけど、おすすめの理由をお話しします。

持っていたスマホはどんな感じだったかというと

最初の5年は市販の保護フィルムを使用し、

過去最近の4年間はiPhoneの両面にガラスコーティングを塗っていました。

実は、4年前、ガラスコーティングの事業を展開している会社に就職した経緯があり、自分のiPhone SEに何度も無料で塗ってもらっていたのです。

これをきっかけに、保護フィルムを卒業し、上質なガラスコーティングの虜になってしまったのでした。

ガラスコーティングの虜になった5つの理由

① 操作がなめらか、裸の状態と差がない

ガラスコーティングは、特別な液体をスマホに塗り込むことにより、それが何日か経過すると硬化してガラスになります。

ただ、何も塗っていない裸のスマホと比べても全く差がわからないぐらい、変化がありません。塗ったかどうかプロでも見た目ではわかりません

車のガラスなどにも使われていますよね。   

何かを貼るわけではなく「塗る」ので、裸のスマホを触っているときと同じ感覚で操作にも全く支障がありません

保護フィルムを貼ると、何か反応が悪かったり、遅かったりと突っかかる部分があったのですが、ガラスコーティングでは操作には何の変化も出てきません。

それがガラスコーティングと保護フィルムの大きな違いです。

② フィルムがはがれてくる、気泡が入る心配がない

市販の保護フィルムを貼るとき、貼った後、必ずと言っていいほど気になるのが端からはがれてきたり、気泡が入ったりというわずらわしさ。

そのたびに新しいフィルムを貼り替えたり、気泡を抜く作業をしたり…

そういう作業がガラスコーティングでは一気に解決されます。

もちろんお値段は高いですが、一度塗ってしまえば次のスマホに乗り替えるまでもちます。

寿命はありません。

高いと言っても…

だいたいガラスコーティングは

片面が3000円、両面で5000円前後

保護フィルムは

片面だけですが安いもので1000円、いいものなら3000円ぐらいしますよね。

それが2年間もつとは限りません。

1年ぐらい経てばはがれてくる場合もあります。

そう考えれば、1回しっかりコーティングしたほうがコスパもいいんじゃないかと考えたのです。

③ 抗菌効果がある

ガラスコーティングの中には、抗菌効果があるものもあります。

というか最近では抗菌効果がある保護フィルムもあったかも…

以前私が所属していたコーティングの会社では光に当てることで抗菌効果がある液体があったので、それを塗ってもらっていました。

スマホは指で毎日触るので、ばい菌だらけですからね…

☟抗菌効果つきの保護フィルム!見つけました!☟

④ 何回落としても、今日までの4年間ひびさえも入らなかった

ガラスコーティングを始めて4年。

今まで3台のiPhoneにコーティングをしてもらっていました。

1代目iPhone Aは、株式会社PRECOというところのガラスコーティングをしてもらい、ハサミで殴られてもまじで無傷でした。

 

このように、ハサミでガンガンやっても!!!

ちなみにこれ、当時のiPhoneAと私です。

自分のiPhoneこんなことするのめちゃくちゃ勇気いりましたが、結構全力でやりました。

PRECO | HOME
大阪市西区にあるプレミアムコーティングのお店【PRECO】『大切なものを長く使ってもらいたい』そんな想いを元に、スマートフォン、時計、ジュエリー、車、水回りなど、様々なものにコーティングを行っています。

ここは、大阪にある会社で、今もあるかどうかわかりませんが…

PRECOが使っていた「G-POWER」というコーティング剤は最強でした。

2代目iPhone Bも同じく株式会社PRECOのコーティングで、月に1回ぐらい両面にコーティング剤を塗ってもらっていました。

(何回も塗ることにより、もっと強さが増していくみたいです)

このiPhoneBはのちに3年間持つことになりますが、スマホカバーを一度もつけることなく、裸で持ち歩いていました

おそらく、地面やコンクリートに落としたこと数百回

ズボンの後ろポケットに入れていて踏みつぶしたこと、落としそうになったこと数千回(笑)

それでも、全くの無傷でした。

ただ、両面塗ってもらってはいたものの、画面のふちや側面は傷が入っていました

見えにくくてごめんなさい、こんな写真しかなかった…。

右の淵にところどころ傷が入っていました。

バッテリーがもたなくなり新しいiPhoneに乗り替えましたが、それがなけばずっと持っていたかったほど丈夫で気に入ってました。

やっぱり何回も塗るとこんなに最強なんだなと実感。

で、今回割れたのがiPhone Cです。

このコーティングは、「スマホスピタル」という主にスマホの修理や中古の買取をしてくれるチェーン店で「ガラスコーティング」をやってくれると見つけたのでお願いしました。

iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理ならスマホスピタルグループ
iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理

このときには株式会社PRECOを退職していたので…笑

スマホスピタルのコーティングでも、両面で5000円でしたが、抗菌効果はありませんでした。

15分ぐらいで施工してくださり、見た目も全く変わらず、触り心地も滑らかです。

持ち始めて半年。3月某日。

手が滑り、コンクリートに落としてしまいました。

今までに聞いたことのない、ガラスが割れたような音がして、IiPhoneを拾い上げてみると虹のように(笑)画面に亀裂が入ってバキバキに。

めっちゃショックでした。

もちろん、このスマホスピタルのコーティングをしてもらってから、地面やコンクリートに何度も落としていました。

その落下の際にも傷1つ入っていなかったのは確かです。

ただ、今回は打ちどころが悪かったのか、コーティングを1回しかやらなかったからなのか、コーティングでも割れてしまうんだなぁとげんなり。

⑤ 割れたとしても、ガラスがそこまで粉々にならなかった

ただ!!!!

ポジティブな私はこんなことではへこたれず!

おそらくコーティングをしていなければ画面はもっとバキバキの粉々になっていたのではないかと思います。

また、このように割れてしまったものの、画面の操作はかろうじてできるので、不幸中の幸いだったなと思います…笑

※巷では、指紋がつきにくいというメリットもあるようですが、あまりそこは感じませんでしたね。もしかしたら感じる人によっては指紋がつきにくいと思うかもしれません。

 

ガラスコーティングをしてもらうときのコツ・注意点

① ガラスコーティングを過信しない

絶対大丈夫ということはないし、塗ってもらって20日間ぐらいはコーティングが硬化するまで時間がかかります。

ガラスコーティングは、「9H」という硬さが最高らしいのですが、コーティングしてもらう前に、9Hの強さなのか聞いてみましょう。

 

② 割りたくないならカバーをつける

本当に割りたくないなら、ガラスコーティングをした上でスマホカバーをつけましょう。

でも、わたしはできるだけコンパクトに持ちたかったので、カバーを外して裸で4年間持っていました。笑

③ 目の前で施工してくれるお店を探す

こんなこと言いたくはないのですが、どのような工程でコーティングされているのかを見るのも大事だと思っています。

お客さんの見えないところで塗られると何されるかわからないじゃないですか。

なので、自分の目の前でコーティングをしてくれるお店を探しましょう。

ガラスコーティングは自分でもできる!

お店を探さなくても、ガラスコーティングキットが売っています

その場合、コスパもいいし、自分でできるのでどんな感じでできあがっていくのかが一番よくわかります。

保護フィルムを貼るよりも少し手間がかかりますが、保護フィルムは気泡が気になる、はがれてくるのが気になるという方、そしてお店でのガラスコーティングはちょっと高い!って言う方には、「自分でガラスコーティング」をするのもありです。

6.商品レビュー
スポンサーリンク
こあらをフォローする
こつこつ こあら

コメント

タイトルとURLをコピーしました