生活編★フィジー サマータイムの仕組み

Bula!🍀こあらです🐨

 

いつもご覧いただきありがとうございます!💕

今日は、日本ではあまりなじみのない

サマータイムについて

ご紹介します!

 

フィジーは、日本との時差は+3時間。

日本が朝8時なら、フィジーは朝11時

 

ですが、毎年11月から1月の約2ヶ月間、

サマータイムが導入されています。

日照時間の長さを生かして

活動時間を長くしよう、という

ヨーロッパでは有名なサマータイム。

 

日本にいるときは名前しか知らなかったし

システムを説明されても、

そんな勝手に1時間早めていいの?

って感じだったけど

実際体感してみるとすごい!

 

2018年11月4日のサマータイム突入の日

午前1:59 → 午前3:00になるのです。

意味わからんでしょ。笑

(本来は1:59→2:00になるはず)

真夜中のうちに時計が1時間飛ばされるんです。

 

だから、その日は1日23時間しか

過ごしていないことになるんです。

 

ただし、2ヶ月後の1月21日、

サマータイム終了の日、

午前1:59→午前1:00に戻る。

こちらは逆に真夜中のうちに

時計をもう1周するような感覚で、

1日25時間を生きる得した気分になれるんです。

 

そう、これほんとに言葉で言われても

体感してみないとわからない。笑

しかもiPhoneなどのSmartな機器は、

勝手にサマータイムに適応してくれるので

夜中のうちに1時間進んだかとか、

お!!戻ってる!とか

全然わからないのです。笑

 

こういうときこそ

アナログの掛け時計とか腕時計があれば

iPhoneとの時差が±1時間出てるので

実感できるかと思います。

 

サマータイム、ちょっとおわかりいただけましたか?

言葉で説明しても

なかなか実感してみないとわからないのですが、

気を付けてほしいのは

特に夜です。

 

通常時、日没は18時~19時ごろなんですが

サマータイムが導入されると

日没が20時ぐらいになって

すごく不思議な感覚なんです。

そして遅くまで明るいから

とても得をした感覚。

 

それでちょっと浮かれて

遅くまで遊んでいると

知らない間に暗くなっていて、

21時、22時になっていることがあります。

 

日中を楽しみすぎて

夜帰宅が遅くなり、

就寝時間が遅くなってしまうことも。

 

そしてこの生活に慣れたと思えば

ほんの2ヶ月でサマータイムは終了。笑

日本にはないので、

これも貴重な経験ですね!

 

ぜひ、サマータイムをまたぐ期間に

あそびにきてみてください☀

Vinaka🌺

 

こっちも読んでね💁

飛行機編★フィジーまでの航空券比較

準備編★やることいっぱい フィジー渡航前準備

超基本編★フィジーの気候 常夏の島にも秘密が…!

生活編★気になるフィジーの治安

 

1-0. フィジー情報
スポンサーリンク
こあらをフォローする
こつこつ こあら

コメント

タイトルとURLをコピーしました