生活編★フィジーで趣味を見つけよう

   Bula!🌴 こあらです~🐨

 

今日は、

良くも悪くも“何もない”フィジーで

充実した生活を過ごすために

趣味を見つけるヒントを公開!!笑

 

何か一つでも没頭できるものがあると

フィジー生活がきっと楽しくなるはず!!

 

ぜひあなたにぴったりのものを見つけてくださいね!

 

1. フィジーと言えば!ダイビング

 

私自身、ダイビングにドはまりしてしましました。

どこまでも続く、エメラルドグリーンに輝く海と

潜ってみれば神秘的な世界が広がる海の中は

本当に言葉で言い表せない魅力がたっぷり詰まっています。

 

回数を重ねればお金がかかってしまいますが

フィジーで時間のあるうちに

ダイビングライセンスを取って

世界中の海を回ってみましょう!

最近は格安で水中カメラも手に入れられるので

これを機に水中カメラマンデビューも!!

☟ダイビングについて詳しくはこちら

観光編★フィジーの海でダイビング!!

 

2. 簡単だけど、奥が深い、ウクレレ!

ギターをやってみたいけど難しそう、

音感ないし、

楽器ってうまくなるのに時間がかかりそう

なんて思って敬遠してしまいがち。

 

それがウクレレなら!!

3日ですぐにできるようになる!

魔法の楽器!

 

ギターは弦が6本ですが

ウクレレは弦が4本。

抑え方の比較的シンプルな4つのコードを覚えれば

その4つだけで何十曲も弾けちゃうんです。

 

レッスン動画は邦楽、洋楽、基本のチューニングなど

有り余るほどYouTubeに公開されているため

独学でも十分取り組めます。

 

また、そのウクレレの音が

南国のフィジーの雰囲気にマッチしすぎていて

弾くたびに癒される最強の特技になります。

 

ラウトカやナンディの楽器屋さんで

200ドル前後、

電気屋さんで50ドルぐらいで手に入り

これくらいの初期投資はあるものの

それ以降はほぼお金はかかりません。

(電気屋さんのは若干安っぽくて音も微妙だから

おすすめしません)

それなのに時間をかければかけるほどうまくなり

どんどん色んな曲にチャレンジしたくなります。

 

おすすめのYouTubeはこちら。

ウクレレレッスン動画といえばガズレレさん。

YouTube完全ガイド | ガズレレ!YouTubeで簡単ウクレレ!
YouTubeで簡単ウクレレ!
3. カメラ片手に海とヤシの木、真っ赤な夕陽

写真を撮るには最高のロケーション、フィジー!!

子供のきゃぴきゃぴした笑顔や

道端にいる牛や馬などの写真を撮るのもよし、

海やヤシの木を撮るのもよし。

重い一眼レフじゃなくても

iPhoneやデジカメやデジタル一眼レフでも十分です!!

 

ただ、盗難や紛失には十分

気を付けたいところ。

 

また、海で落としたり、

砂まみれになったり

潮風で部品がさびないようにケアも忘れずに。

 

4. 地元の人と草ラグビー

 

日本には街の公園にバスケットゴールがあったり

遊具があったりするんですけど

フィジーには壮大なグラウンドに

ラグビーゴールがぽつんとあります。

 

ラグビー大国と呼ばれるほど

小さい子供でもラグビーのルールを当たり前に知ってて

高校にもラグビー部しかないぐらい

ラグビーが国民のスポーツになっています。

 

夕方になると

裸足でフィールドを駆け回る子供たちや

トレーニングから基礎練習をするチームなど

ラグビー好きにはたまらない光景だと思います。

勇気をだして

混ぜてもらいましょう!!!

 

5. ボランティア

NadiにあるNasoso(ナソソ)には

動物保護施設のAnimals Fiji(アニマルズフィジー)があり

ボランティア体験ができます。

 

犬や猫のゲージの掃除やエサやり、洗濯などが

主な業務ですが

犬猫好きにはたまらないほど

フレンドリーに触れ合えます。

 

Animals Fiji公式HPはこちら☟

Home - Animals Fiji
Animals Fiji is a Fiji charity (USA 501c3 registered & Fiji registered) that operate the ONLY Veterinary clinics in the Western and Northern Divisions of Fiji. ...

 

また、Nadi Townにある図書館では

日本語を教えるボランティアもできるそうで

たくさんの日本人が参加しています。

 

NadiやLautokaには

孤児院も複数軒あり、

古本やおもちゃ、

トイレットペーパー、せっけんなどの寄付を

受け付けているところもあります。

 

あなたの愛を必要としている人が

必ずいます。

あなたのボランティアへの熱意を

ぜひフィジーで注いでください。

 

6. 一気にマルチリンガル、英語とフィジー語習得

あいさつ編でもお伝えしたように、

フィジー語は発音の部分で

日本語とかなり似ています。

詳しくはこちら☟

あいさつ編★使ってみようフィジーの言葉

英語の習得に合わせて

フィジー語やヒンディー語を覚え

一気にマルチリンガルになっちゃいましょう!

 

7. ハワイアンな生地でドレス作り

 

手作りと言っても、自分で作るのではありません。

オーダーメイドドレスという意味です。

 

Material(生地)を自分で選び、

テイラー(仕立て屋さん)にその生地を持って行って

注文します。

 

長袖か半そでか、

ドレスかスルチャンバー(フィジーの伝統的な、上下セットの衣装)か

ブラシャツ(アロハシャツみたいな)かスルかなど

細かくデザインを伝えると

採寸してもらえます。

 

約1週間でできあがります。

 

お値段は、

だいたい身長が160センチでワンピースを作るとすると

生地が2m~2.5mで

15$(1m=6~8$)、

テイラーが15~30$ぐらいが相場です。

ハマってしまうとどんどん

ブラドレスが増えていきます。

 

ブラドレスの詳しい作り方はこちら☟

生活編★フィジー風オーダーメイドドレスを作ってみよう!

 

8. 新鮮な野菜とフルーツでお料理

採れたてのマンゴーやバナナで

スムージーを作ったり

市場の野菜でサラダを作ったり

新鮮だからこそおいしい

最高のドリンクやサラダができあがります。

 

マンゴーのできる季節(10月~12月?)は

道端にマンゴーが普通に落ちているほど

有り余っているので

丸かじりしてみてもいいと思います。

あま~い果汁があふれ出します!

 

9. 車でフィジー1周旅

1時間や2時間で1周できるような広さではありませんが

丸1日ぐらいかければ1周できるんじゃないでしょうか。笑

 

わたしはまだ挑戦したことないのですが

1本の大きい道でずーっと島全体が

つながっているので

ぜひ仲間を作って挑戦してみてください。

その道中で起こるハプニングや出会いも

きっと素敵な思い出になると思います。

 

10. オセアニア地域をめぐる旅 

 

オーストラリアやニュージーランドだけでなく、

パプアニューギニア、キリバス、

サモア、トンガ、ナウル、ツバル、

ニューカレドニア、ニウエなど

フィジーにいるからこそ

南太平洋諸国を周れる大チャンスです!

日本にいるとこれらの国々に行くためには

何回も乗り継ぎして

何万円も払って

何時間もかけていくようなところばかりなので

ここフィジーから手軽にいけるうちに

飛び回っちゃいましょう。

フィジーよりももっと小さく

自然が多く、驚きと温かさにあふれる国が

待っていると思います。

 

フィジー周辺の国々の詳細はこちら☟

超基本編★これがフィジーだ!!

 

いい趣味は見つけられそうですか?

今日もありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました